FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    頭で理解できる人。

    結実子さん首像制作途中③ 松田光司作結実子さん首像制作途中③

    1週間おいて、3回目の結実子さん。(5月31日6月20日参照)




    今日は少し結実子さんについて語りたい。

    前にも書いたとおり、私は学生の頃からの結実子さんを知っているのだが、当時、モデルをやってもらった時に私が彼女に対し面白いなと思った点が一つある。
    それは結実子さんが出版社に勤め出した事で、より確かなものとなった。

    それはこういう事である。

    「結実子さんという人は、芸術を頭で理解出来る人なのだという事。」

    私の人脈の中では珍しいタイプに入る。(まあ普通の社会においては結実子さんタイプの方が多いのかもしれないが・・)
    私がたまに口に出してしまう感覚的、抽象的で訳の分からない言葉を、彼女の中で瞬時に翻訳しなおし、一般の人でも分かるような言葉に置き換え、理解してくれているようなのである。

    さすがに人と人との間を繋ぐ仕事に携わっているだけあるなぁと感心してしまう。

    感覚的な言葉のやり取りだけで話せる友達というのも楽しいのだが、結実子さんのように芸術を言葉に置き換える能力を持った人との会話もとても面白いし、また、重要であるように感じる。

    こういう結実子さんのような存在がいるからこそ、(我々には出来ないやり方で)芸術というのも広まっていくのだと思う。 本当にありがたい。
    スポンサーサイト



    1. 2010/06/27(日) 21:04:27|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<イメージする力。 | ホーム | 明星大学生涯学習講座  第4回目。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/91-3ef71549
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)