fc2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    倉庫から出て来たもの。

    DSC01072文字入り ブログ用

    我が家の場合、倉庫の中には当然のように彫刻や彫刻関連のものを保管している訳だが、何年かぶりで本格的に倉庫を整理しているとそこからとある懐かしいものが出て来た。




    それは壁に立てかけてあった1枚の板。

    ・・・であったのだが、裏返してみるとなんとそれは私が若き日にアルバイトで制作したレリーフ地図(案内板)の原型だったのだ。

    などと言うと、学生の頃のアルバイト?・・・と思われそうだが、実はそうではない。

    私の初個展開催が28歳の時であったのだが、このレリーフ地図制作のアルバイトを請け負ったのはその翌年、29歳の時なのだ。

    ようするにとっくに彫刻家としての活動を始めていた時期なのである。

    まあしかしこういったアルバイトを引き受けるくらいだから、その頃はさぞかしお金のない苦しい作家生活を送っていたのだろうと思い、早速私が29歳の時の活動状況を調べてみたのだが・・・・なんとなんと無茶苦茶忙しい超売れっ子状態ではないか!

    この1年の間に公共の場や会社への彫刻設置5か所(埼玉県・栃木県・鹿児島県2か所・兵庫県)、個人宅収蔵多数、2回目の個展開催(神奈川県)、等々・・・ハッキリ言って今より忙しそうである(笑)。

    こんな忙しい状況の中、レリーフ地図制作のアルバイトを請け負っていた訳である。

    正直、今回このレリーフ地図の原型を発見した時、
    「若い頃の何でもやってやるぞ、という姿勢が今に繋がっているのだ。」
    ・・・といったような教訓めいた文章を書こうと思っていたのだが、まったく当てが外れた。笑

    お金が苦しくて請け負ったアルバイトではなかったのだ。

    ・・・がしかし、よ~く考えてみたら昔も今も私は変わっていない事に気付く。

    ようするに私は昔からずっと自分で作りたい作品を作りつつ、自分にも請け負う事の出来る依頼仕事をこなしていただけなのである。

    それがたまたまあの時は「レリーフ地図の原型」だったという事。

    ・・・という事でありきたりな結論になってしまうが、これからも私は作りたい作品を作りつつ、自分にも請け負う事の出来る依頼仕事をこなして行こうとあらためて思うのであった。

    (ちなみにこのレリーフ地図は最終的にブロンズ製となっており、横浜のみなとみらいと呼ばれる場所のどこかに設置・・・かなり昔に1回見かけた事があるが、果たして今もそこにあるのかなぁ?)
    スポンサーサイト



    1. 2021/07/10(土) 16:00:57|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2
    << | ホーム | いわゆる「銅像」というものを作りつつ、ふと思う事。>>

    コメント

    彫刻依頼

    彫刻作って貰うことはできますか?
    1. 2021/07/15(木) 18:30:12 |
    2. URL |
    3. 渡辺 #-
    4. [ 編集 ]

    Re: 彫刻依頼

    はい、依頼制作も受注していますよ。
    詳細をこちらのメールに送って下さい。→m.mitsuji@gmail.com
    よろしくお願い致します。
                  彫刻家 松田光司
    1. 2021/07/16(金) 09:21:19 |
    2. URL |
    3. 具象彫刻家 #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/817-44413388
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)