FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    変わらない日常?

    DSC_0346 (2)ブログ用

    世の中はコロナ禍の影響で大きく変わっているのだが、私の生活はほぼ変わらなかったりする。



    相変わらず彫刻を制作し、SNSや電話で仕事のやり取りを行い、必要であれば彫刻材料の買い出しにも行く。

    こんな感じで日常はコロナ禍以前と特に大きくは変わっていない。

    ・・・と書いてしまうとまるで優雅に余裕で生活しているように思われてしまうので最もコロナ禍以前と変わっていない部分について触れておこう ・・・それは『 常に不確定で流動的な予定 』・・・ これこそまさにコロナ禍以前とまったく変わらず。

    過去を振り返ってみれば・・・

    数か月後に決定していた個展開催が相手方の都合で中止になったり延期になったり、それとは逆に「2週間後に個展を開催する事は可能ですか?」といきなり打診が来たり・・・。

    また彫刻制作依頼の事で言えば、制作内容が変わったり納期が変わったり設置した彫刻が別な場所に移設されたり支払いが中々されなかったり決定した制作が相手方の都合でなくなったり・・・等々、こんな事がしょっちゅうあり、まさに不確定で流動的である事が日常。

    つまりいつも通りののんびりとした日常という概念がない状態が続くのが私にとっての普通の日々という事。

    ・・・という事で、7月の渋谷東急本店個展も予定通り出来るのか?と思いつつしっかり準備をするのも日常、
    非常勤講師として呼ばれた大学前期授業の予定が変わりつつもやはりしっかりと準備をしておくのも日常。

    毎日仕事があるのが当たり前ではなく、毎月収入があるのも当たり前ではない・・・そんな生活を30年ほど続けてきた私にとって、目の前で刻々と変わり続ける状況に一喜一憂する事なく柔軟に対応していくのは基本中の基本。

    世の中がどんな状況であろうとしぶとくしなやかに生き抜くのみなのである。

    コロナ禍以前と以降も変わることなく、
    「さて、次の作品が売れるまでどうやってしのいで行こうか?」
    と考えている自分がいる。
    スポンサーサイト



    1. 2020/04/22(水) 11:08:59|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<「 光守唄胸像 」 | ホーム | フリーの彫刻家としての独り言。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/799-6f590299
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)