彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    第35回JAMA創作メダル彫刻展。

    風天女と雷天女(ブログ用)「 風天女 」 39.5×39.5㎝      「 雷天女 」 39.5×39.5㎝    松田光司作

    2017年11月1日(水)より8日(水)まで第35回JAMA創作メダル彫刻展が東京都美術館で開催されます。


    これは私も理事を務める日本芸術メダル協会主催による展覧会です。(2016年8月14日ブログ参照

    あらためて書きますが、メダルと言っても本当に自由度が高いです。

    会場には当然メダルらしいメダルも並びますが、『 え?!これはメダルなの? いや、メダルじゃないよね? 』と思うような作品もいっぱい並びます(笑)。

    私も数年前、この世界に関わって初めてこの状況を知りました。


    去年の展覧会を観に来てくれた私の知人、友人もかなり驚いた様子で、

    「え、イメージが変わった。」とか「う~ん、これは本当にメダル展?」とか・・・笑。


    古くから関わる理事によれば、これでも昔のある一時期よりはよりメダル展らしくなったのだとか・・。

    大きな立体作品がいっぱい並んで、どう見てもこれは「彫刻展」じゃないか!? という時もあったらしいのです。

    正直これが良いのか悪いのか分かりませんが、メダルの世界も色々と模索しているという事なのでしょう。


    じゃあそんな事を言ってるお前の作品はどうなんだ?・・・と言われれば、今回私の出品する作品はメダル・・・という訳ではなくかなり立体的なレリーフ作品です。

    まあ上記の通りの作品なのですが、これを元にさらに作り直せばメダルにする事も可能・・・と言った感じでしょうか(笑)。

    とりあえずこの2点の作品の全体像はぜひ創作メダル彫刻展会場の東京都美術館でご覧になってみて下さい。

    皆様のお越しをお待ちしていますね!

    (今のところ会場には11月1日(水)、5日(日)、8日(水)にいる予定です。)

    第35回JAMA創作メダル彫刻展
    ・場所 東京都美術館ギャラリーB(東京都台東区上野公園8-36)
    ・会期 2017年11月1 日(水)~8日(水)<月曜日休館>
    ・時間 午前9時30分~午後17時30分(入場は17時まで)【最終日は15時閉場(入場は14時30分まで)】
    ・内容 100点ほどのメダル、メダル原型、レリーフを展示

    スポンサーサイト
    1. 2017/10/24(火) 11:33:00|
    2. 芸術
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<来年の干支彫刻・戌(いぬ)、「狛玉」(はくぎょく)の完成。 | ホーム | 恩師、細川宗英先生の展覧会。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/761-b7fce490
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)