彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    予想外の企業からの取材。

    ビームス台本カバー 使用のスケッチブック
    スケッチブックを入れたビームスの台本カバー

    3年ほど前、たまたま何度かテレビで取り上げられる事があったが、ここ最近、テレビとはまた違った媒体で取り上げられることが続いた。(参照➡2013.12..24ブログ記事


    しかもうれしい事に、正直自分とは縁もゆかりもないと思っているところからの取材だったりしたのだ。


    まずは「ビームス(吉田カバン)」。
    それこそ私の彫刻の世界とはまったく関係なさそうな世界。

    実際まったくおしゃれではない私にとって吉田カバンというのは聞いた事はあったのだが、ビームスって何?・・・という程度の認識しかなかったのだ。(申し訳ない!)

    それがとあるご縁で手に入れた「UNCERTAIN(大森南朋&CHOP)×PORTER×B印 YOSHIDA 台本カバー」・・・これをスケッチブックカバーとして使ったのである。

    そして台本カバーをそのように使った事が私への取材と繋がって行く役割を果たしてくれたのである。

    この取材でお世話になった俳優のチョップさん(原田さん)、カメラマンのSalluさん、本当にありがとうございました。

    お二人との会話は本当に楽しく、取材されているという感覚がないままアッという間に時間が過ぎて行く感じでした。

    とても素敵な写真とともに素敵な文章で紹介して下さって本当に嬉しい限りです。

    こちらのビームスブログをぜひご覧ください!
    http://www.bjirushi.com/v2/html/blog.php?year=2015&month=12&date=28#.Vz0HqpGLShf



    さて、次に取材して下さったのは「コロプラ」。
    こちらの方は携帯電話も持っていないような私にとってビームスよりもっともっと御縁のなさそうな会社。

    今さら説明するまでもないと思うが、みなさんもCMなどで「白猫プロジェクト」という言葉は聞いたことがあるのではないか。(何しろそちら方面にうとい私でさえ名前は知っていた。笑)

    そんなゲームの会社がなぜ?・・・という事なのだが、この会社のプロジェクトの一つとして各界で活躍するクリエイターを紹介して行こうというものがあったのだ。

    私はとあるご縁でこの会社とつながりが出来たものの、このプロジェクトの趣旨と合わなければせっかくつながった事も無意味となってしまう訳だが、コロプラ本社での初顔合わせで見事に意気投合・・・そして取材してもらう事が決定したのだ。

    流石に今勢いのある会社だけあって、お会いした方々全員魅力的で面白い人ばかり。

    先日の取材ではついつい乗ってしまって5時間近くしゃべりまくってしまった。笑


    今回お世話になったコロプラ次世代部のみなさん、本当にありがとうございました。

    5日間に渡って記事がアップされますが、第1回目はこちら「彫刻家であり続けるために」です。
    http://be-ars.colopl.co.jp/feature/Matsuda_vol1/000463.html

    そして第2回目はこちら「幼少期~彫刻家になるまでのこと」です。
    http://be-ars.colopl.co.jp/feature/Matsuda_vol2/000464.html

    第3回目はこちら「藝大時代~最初の仕事」です。
    http://be-ars.colopl.co.jp/feature/Matsuda_vol3/000465.html

    第4回目はこちら「松田光司が思う『透明感』」です。
    http://be-ars.colopl.co.jp/feature/Matsuda_vol1_4/000466.html

    第5回目はこちら「彫刻家の一日 ヘラの置き所」です。
    http://be-ars.colopl.co.jp/feature/Matsuda_vol5/000467.html

    ぜひご覧になって下さい!


    さて、こんな感じで自分にとって全く無関係だと思われていた企業からの取材・・・果たして自分なんかで良かったのだろうかという思いもありつつ、取材して下さった方々からは、普段聞けない話が聞けてとても楽しかったとか、刺激になったとか・・・・。

    自分がただひたすらこの道しかないとやってきた事が、ほんの少しでも周りの人の役に立てるのならば、これは本当にありがたい事である。

    こういった事も励みに、ますます彫刻制作に打ち込んで行きますか!

    スポンサーサイト
    1. 2016/05/26(木) 10:40:46|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<夢の中の展覧会 | ホーム | 不機嫌の法則。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/735-26356758
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)