FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    ギャラリーシエール、グループ展。

    松田光司彫刻展(ギャラリーシエール)2009年1月「 '09 松田光司彫刻展 」 ギャラリーシエール展示風景

    ギャラリーシエールでのグループ展の詳細が分かりましたのでご報告。


    「絵画と彫刻・タピスリー展」
    ・場所:ギャラリーシエール 栃木県宇都宮市中岡本町4065 ℡ 028-671-8210
    ・期間:2010年6月17日(木)~26日(土)【 23日(水)休み 】
    ・時間:午前11:00~午後6:00

    今回私は彫刻2点の出品となります。ぜひ、お越し下さい!



    さて今日は少しこのギャラリーシエールについてふれておきたい。

    4月28日のブログでも書いたが、このシエールというギャラリーは初個展を開いてくれた、私にとって特別な思いのあるギャラリーである。

    このギャラリーとの最初の接点が、私の中ではちょっとうれしいエピソードとなっている。以下のような話である。

    ・・・『私が親しくさせて頂いている作家の方がギャラリーシエールで個展を開く事となった。それでギャラリーオーナーの鈴木章央さんがその作家の家で打ち合わせをする事になったのである。
    で、打ち合わせもほぼ終了した頃、鈴木さんが「ところで、気になっていたんだけど、その棚に飾ってあるトルソー彫刻は誰んだい?」
    作家「ああ、これは松田さんと言って・・・。」鈴木さん「ちょっと紹介してよ。」となったのである。』・・・

    当然その作家の方も私の事を良く言って下さったので、紹介して頂ける運びとなった訳であるが、
    私という人物より先に「作品」が仲介となって知り合う事が出来た縁である。作家にとってこれほど嬉しい事はない。

    まだ27、8のこれからどうなるかも分からない若造の個展を企画展で開催して下さった鈴木さんには心の底から感謝である。
    その後も定期的に2年おきに声をかけて下さり、今現在シエールでは9回の個展を開催している。(次は2011年1月に開催)

    ギャラリーとしてもとても力のあるギャラリーで、現役の大臣から個展開催の祝電がとどいたり、毎回新聞に個展記事を掲載していただいたり、アポなしで県知事さんと会う事が出来たり、数え上げたらきりがないくらいそういった話はいっぱいあるギャラリーである。

    また、個展でも作品は売れるのだが、それ以外でも随分と世話になり、栃木県内の公共の場所に10か所以上設置収蔵させていただいている。

    このオーナーの鈴木さんという人は実に魅力あふれる人で、一見、武骨に見えるが大胆さと繊細さを持ち合わせており、懐深くスケールの大きい人である。また常に自分の足で各地を回り、いい物を見るため、そして見つけたりするためには労力を惜しまない行動の人である。

    彫刻家として駆け出しの頃にこのような人物と出会えた事にあらためて感謝。当然紹介して下さった作家の方にも感謝。
    スポンサーサイト



    1. 2010/06/10(木) 09:19:20|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<直射日光。 | ホーム | 日仏子供ヴィジョン、ホームページ 一部オープン!>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/73-13e87101
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)