彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    ギャラリー渓にて8回目の松田光司彫刻展開催。

    第8回ギャラリー渓個展DM(ブログ用)

    ギャラリー渓は2年おきに私の個展を開催してくれるのだが、前回からもう2年経ってしまったのが信じられない。
    しかも渓ではもう8回目。


    とりあえずギャラリーの雰囲気に関してはこちら➡2011年12月17日ブログを見て頂きたい。


    という事で今回の個展内容について少し書いてみたい。

    まず2年前の渓での個展の事を振り返ってみると、この時からある一つの要素が加わった事を思い出す。

    それはバレエを基調とした作品の登場。

    以前にも書いたが、このモデルをやってくれているのは中村さん。

    その後2年経ったが今でもありがたい事にモデルをやってくれている。
    本当に中村さんには感謝の思いしかない。


    さてではバレエを基調とした作品、2年前と何が変わったのだろうかとあらためて考えてみると・・・正直なにも変わってない事に気づく。

    相変わらず中村さんがポーズを取った瞬間に、「おおっ!」と思ってしまうのである。

    過去のブログでも書いているが、「止まっているのにも関わらず、まるで踊りの最中であるかのようなポージング」。

    今までモデルなしでも問題なく作品を制作していた自分であるのだが、この中村さんのポーズを前にするとまるで学生のように観察し続けてしまうのである。

    『 今さら 』 という見方もあるかもしれないが、どちらかと言うと 『 今だからこそ 』 なのではないかと私は思っているのだ。

    彫刻の道をただまっすぐ歩いていく中、毎回自分にとって欠かしてはならない何かが必ず眼前に現れてくれる、・・・なんと幸せでありがたい事であろうか。

    そんな感謝の思いの中、この2年の間に制作された20数点の彫刻。
    ぜひギャラリー渓にてご覧になってみて下さい。

    会期中は毎日お昼頃より終了時間まで会場にいます。
    皆様のお越しを心よりお待ちしております。

    松田光司彫刻展
    ・場所 ギャラリー渓(新宿区歌舞伎町1-6-3 石塚ビル9F)
    ・会期 2016年2月8日(月)~13日(土)<会期中無休>
    ・時間 午前11時~午後6時30分
    ・内容 一枚の布シリーズ、バレエシリーズ、ネコなど立体・レリーフあわせ25点ほど展示予定。

    スポンサーサイト
    1. 2016/01/26(火) 23:51:33|
    2. 松田光司彫刻展
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<アートという名の元にひとくくりにされてしまう事。 | ホーム | 自分を凄い人だと思わせる方法?(笑)>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/727-b4ee4923
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)