彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    来年の干支彫刻「申」(サル)のお披露目。 

    干支の申「心遊申」 松田光司作(文字入り)
    「 心遊申 」(しんゆうざる) h8.2×9×6.8㎝ 松田光司作

    今年もまたまた制作しました干支彫刻。
    ウサギから始めてサルまで到達、これで6体目・・・ようやく半分。(過去作品はこちら



    申(サル)の干支彫刻、作品タイトルは「心遊申」(しんゆうざる)。

    いつもの事ながらこれは自分で勝手に作った造語・・・単純な話「遊び心を持った申」という意味。
    (あとは「心遊」と「親友」をかけていたりもする。)


    作品は見ての通り「見ざる、言わざる、聞かざる」を元にしたちょっとしたお遊びバージョン。

    という事で早速お猿さん達の会話を聞いてみましょう。

    「ちょっと言っちゃダメなんだよ~(・・・僕は見ちゃうけどね)。」
    「おいおい聞くのはよそうよ~(・・・僕は言っちゃうけどね)。」
    「あのね、見たらいけないんだよ~(・・・僕は聞いちゃうけどね)。」

    好奇心旺盛なサルたちに「見ざる、言わざる、聞かざる」は通用しない模様。(笑)


    まあこんな感じで今回の干支彫刻は、3匹のサルをそれぞれ密接に関わり合うように造形しており、より一体感を出すように工夫している。

    大きさも下写真のようなてのひらサイズで、実際手に取ってみても心地よい触り心地を楽しめる。


    この作品の発表は、まず最初に11月12日~18日に渋谷東急本店8階美術ギャラリーで開催される「松田光司彫刻展」

    その後はまた日本橋三越本店でのグループ展や日本橋高島屋などの常設展示などでご覧頂ける予定。

    色々決まり次第、ブログまたはフェイスブックに情報を載せて行こうと思っています。


    という事でまずはぜひ渋谷東急本店8階美術ギャラリーに足をお運び下さい!


    12月3日~9日「干支と縁起物彫刻展」(渋谷東急本店8階美術ギャラリー)に出品決定。
    12月16日~29日「干支彫刻によるHappy New Year展」(日本橋三越本店6階アートスクエア)に出品決定。

    干支の申を手に持つ 
    「 心遊申 」(しんゆうざる) h8.2×9×6.8㎝ 松田光司作
    スポンサーサイト
    1. 2015/11/10(火) 10:12:53|
    2. 彫刻
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<不安だからやっている?? | ホーム | 渋谷東急本店8階美術ギャラリーにて個展開催。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/724-dea5484f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)