彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    自分だけは他と違って・・・。

    夏の日の厳美渓

    なんなのだろうか、人というのは少なからず『自分だけは他と違って・・・』と思いたくなる存在なのであろうか。

    とある集まりにて・・・。

    『ここに呼ばれましたがこの中で私だけちょっと浮いているというか・・・。』

    『自分はちょっと特殊というか、馴染みがないというか・・・。』

    『このような所にこうして来ていますが、自分がここにいていいんだろうかと・・・。』

    『なにぶん忙しい世界にいますのでこちらの方にどの程度かかわれるかどうか分かりませんが、・・・』

    『私だけここにいるみなさんと毛色が違うような気がして・・・。』

    『この場に私が呼ばれるのはみなさんにとって違和感があるかもしれませんが、・・・』


    ・・・とまあ思い出せる限りざっと書き出してみたが、これは決して一人の人の言葉を書き記した訳ではない。

    次から次へと自己紹介していく人達からそれぞれ発せられた言葉なのである。


    これを簡単な言葉で言ってしまえば・・・『自分だけは他と違って・・・』という事。


    そうなのである、『自分だけは他と違って・・・』とめいめいが強調して自己紹介した結果、傍から見れば全員右にならえで同じ類いの人達ばかり・・・どの人をとってもその集いの一員として全く違和感はないという事に。

    結局この場では、決して『自分だけが特別』という事は全くなかったのである。

    誰もが普通に当たり前に忙しいし、誰もが普通に当たり前に独自の世界を持っているのだ。

    まあこの集まりに限らず、何かで人が集まると大なり小なりこういう事はあるような気がするが、ここでは顕著にそれがハッキリあらわれていて正直笑ってしまった。


    ではそんな事を言うおまえはどんな自己紹介をしたのかって?

    当然、『自分だけは皆さんと違って・・・』などとは一切言わず、当たり障りのない自己紹介をしたのでありました。(とりあえず自己主張は彫刻の中だけで充分なので・・・。)


    ・・・でもこれも考えてみれば 「『自分だけは他と違って』当たり障りのない自己紹介をした。」 という事になるんだなぁ・・・笑。
    スポンサーサイト
    1. 2014/08/02(土) 09:52:29|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2
    <<大学との関わりもあと半年を残すのみ。 | ホーム | ありがたい事に・・・。>>

    コメント

    「変わってるね」と言われると嬉しくて、そんな自分はやっぱり変わってる人間だと思っていたのですが…

    とある調査によると「変わってるねと言われると嬉しいと感じる人」の方が多数派らしく、それを知ってから自分は普通なんだなと思うようになりました( ̄∇ ̄*)ゞ

    みんな人と違う自分でいたいのかもしれませんね♪
    1. 2014/08/21(木) 18:40:12 |
    2. URL |
    3. ソープカービング作家を目指すチョコけん #-
    4. [ 編集 ]

    Re: タイトルなし

    コメントありがとうございます。
    チョコけんさんのおっしゃる内容も「あるある~」といった感じですよね。

    今回の内容は「自分は他とは違って・・・」で書きましたが、これとは逆に人と違っている事をものすごく気にしたりする一面もあったりして(笑)、人って本当に面白いですよね。
    1. 2014/08/24(日) 14:57:12 |
    2. URL |
    3. 具象彫刻家 #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/706-4f205ae5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)