彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    ありがたい事に・・・。

    雨の後の厳美渓 撮影 松田光司

    最近ありがたい事に個展開催のお話をよくいただく。

    今年は10月末に日本橋三越本店、そして来年はギャラリーシエール(宇都宮)、ギャラリーguild(自由が丘)、豊田画廊(豊田市)、文化フォーラム春日井・ギャラリー(春日井市)で個展開催の予定。

    正直、12か月の間に5回の個展開催というのは自分にとっても過去最多の数。(今までは年4回が最多)

    全く本当に心の底からありがたい限りである。

    特に今回新しく加わった豊田画廊と文化フォーラム春日井・ギャラリーに関しては、自分にとっても無茶苦茶うれしい話であったのでその経緯を書き記しておこうと思う。


    まずは豊田画廊。
    このギャラリーを紹介、そして個展開催を強く推薦して下さったのは彫刻家の尾崎慎氏。

    このように言ってしまうと尾崎さんとは長い付き合いがあるように思えてしまうのだが、実は尾崎さんとお会いしたのはほんのつい最近の事、7月頭の豊田画廊での個展開催打ち合わせの時であったのだ。

    ではなぜ一度も会った事もないような私を推薦して下さったのか?

    答えはこの今書いている私のブログ・・・尾崎さんは私のブログを読んでいて下さったのである。

    私も尾崎さんの事は同じくブログを通して知っていたのだが、コメントのやり取りの交流が始まったのはフェイスブックから。

    何だか共感出来る事をいっぱい書かれている方だなぁ・・・というのが最初の印象。

    そして今回実際お会いしてお話して、その印象はより明確になった・・・というか共感する事だらけ(笑)。

    そんな尊敬できる彫刻家の先輩から豊田画廊での個展開催を推薦して頂いたのである。
    これほど嬉しい事はそうそうあるものではない。

    尾崎さん、本当にありがとうございます!心より感謝致します。
    来年4月の個展に向けて精一杯頑張りますね!!


    ・・・では次、文化フォーラム春日井・ギャラリーでの個展に関して。

    この話を話そうとすると今から46年前までさかのぼらなければならない(?!)・・・というと大げさ過ぎる気もするが、まんざら出鱈目という訳でもない。

    何とこの春日井での個展開催を強く推し進めて下さったのは私が卒園した柏井保育園の理事長・A先生なのである。

    さすがに保育園の先生であったA先生とは長い間交流もなかったのだが、6年前名古屋での個展を機に卒園以来の交流が始まったのである。

    A先生は何度となく私の個展を見に来て下さったのであるが、つい最近私がポロっと言ってしまった一言を先生は聞き逃さなかったのだ。

    「愛知県ではもう2回個展を開催していますが、地元の春日井市ではまだ1回も開いていないんですよね。」・・・の一言を。

    A先生は即座に足を使って色々と調べて下さり、今回のこの話の運びとなったのである。

    まだ開催日時は確定していないが、着々と個展開催に向けて準備は進んでいるのだ。

    上記に書いた言葉をそのまままた書いてしまうが、・・・これほど嬉しい事はそうそうあるものではない。

    A先生、本当にありがとうございます!心より感謝致します。
    来年開催されるであろう春日井での個展に向けて精一杯頑張りますね!!


    本当にうれしい話が続いて、・・・これだから彫刻家はやめられない。笑

    さ~て、気合入れて行くとしますか!
    スポンサーサイト
    1. 2014/07/07(月) 23:31:28|
    2. 芸術
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<自分だけは他と違って・・・。 | ホーム | 「BIBLIO Baseball Artスペース・オープン記念展&昭和野球かるた原画展」。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/705-4a99b893
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)