彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    「BIBLIO Baseball Artスペース・オープン記念展&昭和野球かるた原画展」。

    野球グループ展DM(FB用) (2)
    長~いタイトルのグループ展に参加します。笑
    今回も工藤さん、お世話になります!



    丁度去年の今頃開催された「Art×Baseball展II」。

    今年は装いもあらたに「BIBLIO Baseball Artスペース・オープン記念展&昭和野球かるた原画展」という形でやはり野球アートのグループ展として開催。

    去年の私は野球殿堂レリーフ(石膏原型)や日本野球発祥の地モニュメントエスキースなど、計6点の作品を出品したのだが、今回は控えめに小品ブロンズレリーフ1点のみ出品。

    私の出品作品はご覧の通り、上記DM左側に掲載された「野球小僧レリーフ」。

    実はこの可愛らしいレリーフ作品、ちょっとした逸話があるのだ。

    まあそんなもったいぶって話すような事でもないのだが、せっかくなので紹介しておこうと思う。


    さかのぼる事11年、(・・・って随分前。笑)
    なんとこれは「日本野球発祥の地モニュメント」制作と絡まってくる話なのである。

    たいていの依頼仕事がそうであるように、この時も依頼主さんの方から「日本野球発祥の地モニュメント」にふさわしい作品イメージ案を何点か提出してほしいと頼まれたのである。

    ・・・で、私はまったく違った3種類のイメージデッサンを提出した訳であるが、結果2つの案が最後まで競い合う事となったのである。

    その二つの案とは・・・?
    一つは現在学士会館に設置されている「日本野球発祥の地モニュメント」のデッサン、そしてもう一つがなんとこの「野球小僧レリーフ」の大本となるデッサンであったのだ。

    厳密には提出したデッサンと「野球小僧レリーフ」は全く同じという訳ではないのだが、もしかしたらこの野球小僧の立体バージョンが「日本野球発祥の地モニュメント」になっていた!?・・・という可能性もあったのだ。

    まあ、「~たら、~れば」を言い出したらきりがないのだが、このままこのデッサンを埋もれさせてしまうのは忍びなく思い、多少デザインも変え、立体ではなくレリーフという形で作品化したという訳なのだ。

    小さな小さな作品ではあるが、大きな思いは目一杯詰まっている作品であるのだ。笑


    さて、そんな作品を出品する「BIBLIO Baseball Artスペース・オープン記念展&昭和野球かるた原画展」、2014年6月17日~22日の6日間、ギャラリーCORSO (東京都千代田区神田神保町3-1-6 日建ビル3F)にて開催。(詳しくは下記DMの情報をご覧ください。)

    今回も色々な作家の素晴らしい野球アートを観る事が出来ますよ!

    私は6月19日(木)午前10時~午後2時まで会場にいます。
    皆さん、ぜひお越し下さいね!

    野球グループ展DM(FB用)
    スポンサーサイト
    1. 2014/06/08(日) 23:52:50|
    2. 芸術
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ありがたい事に・・・。 | ホーム | guildでの個展終了。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/704-9de34eb3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)