彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    guildでの個展終了。

    ギルド個展風景 撮影 松田光司
    松田光司彫刻展 <2014.4.26~5.4> guild 会場の様子。

    先日、無事盛況の内にguildでの個展が終了した。
    初めての場所での個展はとても新鮮で、8日間本当に楽しく有意義に過ごす事が出来た。

    ここのところ、わずか1年ほどの間に東京都内での個展が4回も続いたので多少の不安はあったのだが、思ったよりお客さんの入りも多く、ちょっと一安心。

    忙しい中お越し頂いたお客様、また作品を購入して下さったお客様、展示をサポートして下さったguildスタッフの皆様、本当に心の底から感謝致します。ありがとうございました!


    さて、そんな今回の展示について、・・・

    このguildというギャラリーは決して広いとは言えないギャラリーであったが、小品をじっくりと鑑賞するのにはとても適した空間であったように思う。

    実際、お客さんからの評判も良く、見やすく落ち着いた素敵な空間との言葉を多くの方から頂く事が出来た。

    また個展前から予告していた通り、今回の個展は私にとって初の試み・・・ギャラリー代表の高井宣良君によるベストセレクションという形での展示。

    これも予想以上に大きな成果があったように思う。

    何だかんだ言って、高井君はまだ若干25歳。
    その若い感性で選んだ15点の作品は、私の作品であるにかかわらず何だかとても新鮮に見えた。

    特にDMに載せた作品「夢奏―背レリーフ」は自分で選んでいたらDMにしていなかったかもしれないのだ。

    ところがいざフタを開けてみれば、この作品の評判はとても良く、この作品が好きだというお客さんが続出したのだ。(しかも初日にこの作品を購入して下さるお客様まで。)

    まあ私としても発表した作品はすべて自信を持って世に出している訳であるが、あらためて第三者からの視点というのも時には必要なのだと考えさせられた訳である。

    今回とにかく短い準備期間での個展開催は中々大変な面もあったが、結果としては大成功。

    本当にこのguildというギャラリーで個展を開く事が出来て本当に良かったなぁと心の底から思うものである。

    そして来年2015年2月か3月には再びこの場所での個展開催も決定。
    さらには2015年以降、2年おきでの個展開催も決定。


    あらためて高井君、本当にありがとうございました!

    この素敵なギャラリーが長く長く続き、多くのお客様そして多くの作家から愛されるギャラリーとなって行く事を心より願っております!

    私も微力ながら応援していきますね!!

    ギルド外観 撮影 松田光司
    自由が丘に建つ「 guild 」の外観・・・とてもオシャレです。
    スポンサーサイト
    1. 2014/05/09(金) 16:42:32|
    2. 松田光司彫刻展
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<「BIBLIO Baseball Artスペース・オープン記念展&昭和野球かるた原画展」。 | ホーム | 自由が丘のギャラリー『 guild 』で初の個展。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/703-5a1d9fa7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)