彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    自由が丘のギャラリー『 guild 』で初の個展。

    ギルドDM低画質
    さて、つい1カ月ほど前にギャラリー渓での個展が終わったばかりなのだが、・・・再び個展のお知らせ。

    今回個展を開催させてもらうのは東京の自由が丘にある「guild」というギャラリー。

    このギャラリー、何と明星大学卒業生の高井宣良氏が代表を務めるギャラリーなのだ。

    まだ去年の12月に開廊したばかりで出来たてのホヤホヤ。

    最初、『明星の卒業生がギャラリーを開くらしいよ。』と聞いた時、てっきり青梅か青梅線沿線のどこかで開廊するのかと思っていたら、何とあの東京の自由が丘と言うではないか。

    申し訳ないが私の素直な感想は『えっ、高井君は何でそんな凄い場所でギャラリーが開けるの!?』であった。笑

    その後、高井君と話す事も出来、自由が丘での開廊も納得出来た訳だが、本当にいい場所でしかも建物もこだわりがあってとにかくおしゃれで素敵なギャラリーなのである。


    ここで個展を開く事が出来るのは本当に楽しみな訳であるが、せっかくなのでそのいきさつを少し書いておこうと思う。

    実は、ギャラリー渓個展終了後の3月中旬の時点ではこのguildでの個展開催はまったく決まっていなかったのである。

    元々の高井君の話としては常設展示するための作品をお借りしたいとの事であったのだ。

    しかし、どの場所のどのギャラリーでも言える事なのだが、『常設展示』というのはそれほど人が来るものではない。

    ましてやこのguildはまだ周りからほとんど認知されていないギャラリー、・・・常設展示してもほとんど人は来ないと考えるのが普通であろう。

    という訳で一計を案じたのだ、・・・常設展示ではなく個展にしてしまおうと。

    しかし高井君としてもすぐにギャラリーに展示する作品は欲しいという状況。

    それほど個展を先延ばしにはしたくなかったのである。

    ・・・でまた一計、というか常設展示の場合でもこうしようと思っていた事なのだが。

    私の20数年に及ぶ創作活動で生まれた400点以上の作品群・・・この中から高井宣良独自の視点から作品を厳選してもらおうと考えたのだ。

    要するに今回の個展は「guild代表高井宣良が推奨する松田光司ベストセレクション展」という事なのである。

    当然、すでに高井君には作品を厳選してもらっているのだが、この目論見は見事に成功。

    高井君独自の視点が見事に反映されたベストセレクションとなったのである。

    中味は見てからのお楽しみという事なのだが、とりあえず個展情報は以下の通り。

    guild代表高井氏セレクションによる松田光司彫刻展
    ・場所 guild(東京都目黒区自由が丘1-20-8)2階ギャラリー
    ・会期 2014年4月26日(土)~5月4日(日)<30日(水)休み>
    ・時間 午前11時~午後6時
    ・内容 高井氏セレクションによる立体7~8点、レリーフ5~6点展示予定


    基本的に会期中はギャラリーにいる予定です。
    皆さん、ぜひこの自由が丘の新しいギャラリーに足を運んでみて下さい!
    スポンサーサイト
    1. 2014/04/08(火) 11:21:51|
    2. 松田光司彫刻展
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<guildでの個展終了。 | ホーム | 芸大寮の閉寮。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/701-7f73b596
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)