彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    春日井市立神領小学校にて夢を語る。

    神領小学校講演春日井市立神領小学校にて 2014年1月31日< 写真 : 神領小学校提供 >

    実は先週、またまた吉田勝俊先生に呼ばれて愛知県春日井市の小学校に講演会に行ってきたのだ。

    吉田先生に呼ばれるのは2011年6月の高森台小学校以来2度目。

    前回もそうであったように、今回の神領小学校も私の母校ではなかったのだが、春日井市出身というつながりだけで呼んで下さったのである。

    吉田先生、本当にありがとうございます!
    また神領小学校の先生方、児童のみなさん、本当に楽しい時間をありがとうございました!!


    さてそんな今回の内容はと言えば、・・・
    まず5限目に6年生約90名対象に「夢を叶えた先輩」という演題でお話。
    そして6限目はチャレンジクラブで生徒約30数名に粘土を使っての制作指導。


    6限目の方は実際に制作実演を行いながらの授業であったので、それこそ水を得た魚のごとく楽しくいい感じに進める事が出来たのだが、・・・5限目の講演会は多少苦戦してしまった。

    というのも5限目の講演会について正直な気持ちを言ってしまえば、「夢を叶えた先輩」というタイトルに対し少々戸惑いがあったのである。

    あらためて過去を振り返り考えなおしてみた時、私には夢を叶えたという感覚がなかったのだ。

    小中学生の頃には漠然とその時々でかわいらしい夢というものが存在していたのだが、高校、大学では「夢」に向かうというより「現実」と直面していたという感覚であったであろうか。

    つまり私にとって「彫刻家になる」というのは決して夢などではなく極めて現実的な選択であった訳である。

    また色々な場所に作品を設置し収蔵するというのも一歩一歩地道に歩み続けた結果がそうなっただけあり、決して夢というようなものではなかったのだ。

    要するに夢は・・・叶えていない。

    とまあこんな事を言ってしまえば身も蓋もないので、そこは上手くオブラートに包むように講演会では話すつもりだったが、何だかまとまりのない話になってしまったような・・・。

    それでもこんな私の話を真面目にきちんと聞いてくれていた神領小学校のみんなには本当に感謝である。


    さてそんな私の今現在の夢はと言えば・・・

    「自分の作品が何百年何千年と残り続け、なおかつその作品が後世の人々の心を動かすような存在となってくれる事」・・・であろうか。

    まさに叶えていないし、叶うかどうかも全く分からない夢なのだ。
    スポンサーサイト
    1. 2014/02/06(木) 09:49:52|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2
    <<『生みの苦しみって?』・・・再び。 | ホーム | アドバイス。>>

    コメント

    ありがとうございました

    早速載せていただきありがとうございました。「夢を叶えた先輩」という演題についてのコメントも松田さんらしくとても嬉しく思いました。夢を叶えた先輩という演題に「僕の夢は未だ叶っていないっていう語りですもの」(笑)でも、僕はこういうお話をしていただきたかったのです。彫刻家は作品で物語るわけですから、流暢にあることないこと語っていただいたら嘘です。「僕の作品が僕がいなくなっても今の僕の気持ちを語ってくれたらその時に僕の夢が叶います」という芸術家の言葉が本当に子供達の心を打つのだと思います。ありがとうございました。楽しかった久々の再会も本当にあっという間でした。講演会だけでなく、お互い子を持つ親としてのお話や自分の仕事のことなど、オフレコの話も含めてとても素敵な時間を過ごすことができました。次は、いつお会いしましょう?でも、松田さんは、しばらくお会いしないとどんどんでかくなっちゃうからなぁ・・・。僕も負けないように今のポジションでできることをやっていきますね。
    1. 2014/02/06(木) 21:04:43 |
    2. URL |
    3. 吉田勝俊 #-
    4. [ 編集 ]

    Re: ありがとうございました

    吉田先生、こちらこそ本当にありがとうございました。
    もう少し自分の中で話をまとめなければと思いつつ、本当に思いついたまま話してしまいました。
    でも確かに飾った言葉を並べたてるより良かったのかもしれませんね(笑)。
    吉田先生とは年代も近いので(子供の事も含め)本当に話が合いますよね。
    またゆっくりとお話がしたいですね。
    ぜひまた呼んで下さい。
    彫刻家として大きくなるのはいいですが、体がこれ以上大きく(太く)なるのは避けたいですね(笑)。
    ではまたお会い出来る機会を楽しみにしております。
    1. 2014/02/06(木) 22:52:18 |
    2. URL |
    3. 具象彫刻家 #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/696-6a8d753f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)