FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    アドバイス。

    夕焼けの空 撮影 松田光司

    何かの事で誰かからアドバイスを受けた時、何となくピンとこなかったり、反発心が起こったりする事がある。


    まずアドバイスに対して『ピンと来ない』という場合、元々自分の中にその発想や考えそのものが全くないため共感出来なかったりするという事だと思うのだが、では『反発心が起こる』とはどういう事なのであろうか?
    ちょっと考えてみたい。


    例えば、アドバイスしてくる人に対して「そんな事を言ってくるあなた自身がどうなんだ!」という場合。

    当然、自分自身の事さえ分かっていない人からアドバイスされる事など論外。

    ところがこれは結構勘違いしている場合が多いのだが、そんな人に限って何故か上から目線であったりする。

    「私が上であなたが下」という錯覚のもと語られるアドバイスなど何の説得力もないし、全く心に響く訳もないのだ。

    もう一つ似たような事だが「あなたなんかに言われなくてもその程度の事はとっくに分かっているし、すでにやっているよ!」という場合。

    これも間違いなく反発心が起こる事であろう。

    要するにどちらの場合も相手の事をまったく理解もしないままただ押し付けるだけのアドバイスをしているという事。

    しかももしアドバイス通り行動した結果、最悪の状態になったとしてもアドバイスした側が責任を取る事はまずない。

    『結局のところ、あなた自身の問題なんだよ。』などと言われてしまうのがオチ。

    どうせそうであるならば、人から言われてやった結果ダメだったというよりは、自分で信じてやった結果ダメだったという方がよほどましな気がする。


    という訳でアドバイスされるというのも非常にありがたかったりするものなのだが、そうでない場合も当然ある・・・というか非常に多いような気もする。

    ・・・などといいつつアドバイスされる事の良い点は、その会話のやり取りの中、アドバイスされた内容とは無関係に発した自分の言葉の中に答えを見つけたり出来ることかもしれない。
    スポンサーサイト



    1. 2014/01/24(金) 10:17:13|
    2. 思想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2
    <<春日井市立神領小学校にて夢を語る。 | ホーム | 再びテレビ取材。>>

    コメント

    御意。
    1. 2014/03/14(金) 20:24:12 |
    2. URL |
    3. カルロス #-
    4. [ 編集 ]

    Re: タイトルなし

    賛同ありがとう。
    1. 2014/03/14(金) 22:37:34 |
    2. URL |
    3. 具象彫刻家 #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/695-1e8f562c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)