彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    来年の干支、馬の彫刻 「飛翔駒」。

    飛翔駒 松田光司作

    さて、何だかんだと忙しい日々が続いているが、しっかりと干支彫刻は今年も制作していたのだ。


    ウサギから始まり、ときて今年は。(やっと4つ目。笑)

    いつものごとく当然、昨年蛇の彫刻を制作している時にはすでに馬の事も考えていたのだ。

    蛇の時と違ってすぐにこの形が私の中に降りて来てくれたので、早く制作したいという思いにも駆られたのだが、やはり2年前につくり置きしてしまうというのも何か違う気がするなぁ・・・と考えなおし、結局いつも通り今年の夏に制作。

    結果はご覧の通り、卵から離れてモチーフは将棋の駒。

    本来、裏側となるべきところを「金に成った馬」という事で馬のレリーフ側をおもて面としたのだ。

    この馬の姿があらわす通り、枠を飛び越え飛躍の年となるよう願いを込めて「飛翔駒」と命名した。

    そして今回も蛇の時と同じくエディションナンバーを入れない事で、低価格での販売が可能となったのである。


    という訳でこれからの干支彫刻のグループ展に関して分かる範囲で記しておきたい。

    ・日本橋三越 6階アートスクエア2013年12月11日(水)~24日(火)
    ・渋谷東急本店 8階美術ギャラリー2013年12月5日(木)~11日(水)
    ・日本橋高島屋 6階工芸サロンウィンドウにて常設展示(期間未定)
    ・ギャラリーシエール(宇都宮) 2013年11月22日(金)~30日(土)<現在開催中>
    ・横浜高島屋 7階美術工芸サロン ガラスケースにて常設展示(期間未定)

    みなさん、ぜひ干支展に足をお運び下さい!


    ちなみに今年も日本橋三越本店ホームページにて私の干支の彫刻を紹介して頂きましたよ。
    http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/art/
    スポンサーサイト
    1. 2013/11/28(木) 16:30:06|
    2. 芸術
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<10年。 | ホーム | 箱根駅伝90回記念モニュメント除幕式。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/692-aef9fb5f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)