FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    野球殿堂入り表彰式(神宮球場にて)。

    殿堂入り表彰式(神宮球場) 撮影 松田光司

    昨日(2012年6月2日)、神宮球場にて「早慶戦」の前に野球殿堂入り表彰式が行われた。(2010.4.13参照)


    今年は北別府氏、津田氏、長船氏、大本氏の4名が殿堂入りされたのだが、昨日はまず長船氏と大本氏2名の表彰式。

    早慶戦を前に盛り上がる神宮球場であったが、表彰式が始まると一転厳かな雰囲気となり、野球に対し深く貢献した方々に対する尊敬の念を球場全体から感じ取る事が出来た。

    過去において盛り上げる拍手、感動の拍手は何度も聞いたが、温かみを感じる拍手というものは久しぶりに聞いたように思う。

    長船氏と大本氏は野球選手ではないのだが、野球界を裏で支える方々がいて下さるからこそ、野球の伝統は守られ、また発展していくのだとあらためて感じされられた。

    野球選手だけでなく、こういった方々を表彰する意義はとても大きいように思う。


    実は今回、野球殿堂入り表彰式関係者という事で、私もグラウンドで写真撮影をする事が出来たのである。

    当然初めての経験。

    数々のドラマが生まれた球場に直接自分の足で立つ事が出来、私もついつい興奮してしまった。

    ホームベースは今まで何度も見てきているはずなのだが、間近で見る神宮球場のホームベースはやはり特別な物に見えた。

    このベースを踏むために選手は汗を流し努力し続けているのかと思うと感慨深く頭も下がる。

    その場に立った時、思わず未来永劫の野球界の発展を願わずにはいられなかった。

    あらためてこの野球界の仕事に携わる事が出来ている事に感謝である。


    さて、長船氏、大本氏のレリーフは今日(2012年6月3日)より東京ドーム・野球体育博物館にて展示公開されます。
    皆さん、ぜひ足を運んでみて下さい。

    なお、北別府氏、津田氏の殿堂入り表彰式は夏のオールスター戦のとき行われる予定です。
    一般公開はその後になりますのでどうぞ楽しみにお待ち下さい。

    神宮球場ホームベース 撮影 松田光司
    スポンサーサイト



    1. 2012/06/03(日) 12:01:04|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1
    <<「仏像の美」展。 | ホーム | 真逆の意見。>>

    コメント

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    1. 2012/06/08(金) 22:37:23 |
    2. |
    3. #
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/656-db38d98e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)