FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    会津会、川島廣守会長。

    会津会百周年記念式典 撮影 松田光司会津会百周年記念式典会場風景 (上野精養軒にて)

    先日、「会津会百周年記念式典」に招待され参加してきた。
    実に300人以上が出席する盛大な会で、あらためて会津の方々の郷土愛、結束の強さ、そして人情味溢れるパワーを実感させられた。


    ん?それにしても会津会?・・・というと会津出身?と思われるかもしれないが、何度もこのブログでもふれている通り、私は愛知県春日井市の出身。

    まあ単純な話、私はゲストとして招待されたという事なのであるが、私と会津会との関係を話そうとするとそれは、そのまま会津会会長の川島廣守氏との関係を話す事になる。


    さかのぼる事10年、川島会長との出会いはインペリアルタワー14階プロ野球コミッショナ―応接室であった。

    当時、川島会長はプロ野球コミッショナーをされており、テレビでしかお見かけしないような方だったので、当然私もものすごく緊張していたのだが、・・・実際お会いすると、何ともあたたかく気さくなお人柄。

    お話をさせて頂くと、その聡明さと人を包み込むような優しさにすっかり魅了されてしまうのであった。


    ちなみに、その時どういった用件で川島会長とお会いしたのかと言えば、・・・

    これが、「会津会」と大いに関係する話になるのだが、「秩父宮妃勢津子殿下」のレリーフ制作の依頼を受けてのものだった訳である。

    何故、そんなすごい話が私に?・・・という疑問も当然湧いてくる訳だが、その理由とは、私が野球殿堂入りレリーフ制作を請け負っていたためなのだ。

    これをきっかけに、その後も何度か川島会長にお会いする機会も増えたのであるが、そんな流れの中、愛知出身である私も会津会の親睦会にも何度となく呼ばれるようになった訳なのである。


    ちなみに、元々私が野球殿堂入り表彰者レリーフを制作出来るようになったのも、プロ野球コミッショナーであった川島会長の最終承認なくしては無かった話。

    またその後、「日本野球発祥の地モニュメント」も制作させて頂く事になるのだが、それも川島会長と学士会の団藤重光理事長お二方の御尽力なくしては無かった話。

    このように川島会長には本当に篤くお世話になっており、このご恩にどのように報いればよいものやらと思っていたのだがその矢先、2006年、川島会長も見事野球殿堂入りされる事となったのである。

    そこで光栄にも私が川島会長のレリーフを制作させて頂く事になったのであるが、それが唯一私に出来た精一杯のご恩返しであろうか。


    実は今回、その時開催された川島会長殿堂入り記念パーティー以来、6年ぶりに川島会長にお会いする事が出来たのである。

    何よりうれしかったのが、300名以上出席する百周年記念パーティーの中、川島会長の元にご挨拶に伺うと、はっきりと私の顔と名前を覚えていて下さった事。

    そんな川島会長にはいつまでも御健勝で元気でいて下さる事を心より願っております。

    また、会津会百周年記念式典にお招き下さいましてありがとうございました。

    会津会のますますのご発展を心より祈念致しております。
    スポンサーサイト



    1. 2012/03/29(木) 17:52:47|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2
    <<「他と一緒にしないでくれ。」・・・? | ホーム | さて、つぎは、・・・。>>

    コメント

    私と川島先生

    拝読させていただきました。

    私は今から15年前に大学進学して上京し、
    会津学生寮(至善寮)で同郷者との生活を始めました。
    当時の川島先生は球界の重鎮として非常に多忙な身でありながら、
    学生寮の納会には夏冬とも出席され、卒寮式にも必ず祝辞を述べられました。

    川島先生は若輩である寮生誰にでも気さくに話しかけられ、
    私も先生御自ら八海山の大吟醸を振舞っていただく光栄に預かりました。
    とても温厚篤実な印象を今でも鮮明に覚えております。

    今の私は震災後に捜索活動が一段落した折に警察官を退官し、
    福島の経済復興のために祭りを興すべく活動しています。
    警察職の大先輩でもある川島先生の御前にて、いつか成功のご報告したいと常々思う次第です。
    1. 2012/06/06(水) 20:14:02 |
    2. URL |
    3. 佐藤哲也 #-
    4. [ 編集 ]

    Re: 私と川島先生

    コメントありがとうございます。
    本文でも書きましたが、初めて川島会長にお会いした時、その包み込むような
    やさしいお人柄に一気に魅了されてしまいました。
    それこそ私のような若造にも丁寧に接して下さり、本当に感激した事を思い出します。
    また、川島会長が野球殿堂入りされた時にもお話しさせて頂くと、私の家族の事まで細かく気にかけて下さり、その聡明な記憶力に随分と驚かされたものでした。
    このような素晴らしい大先輩とご縁を持つ事が出来て本当に幸せであり、またありがたい事だなぁと思っております。
    いつまでも川島会長が元気でいて下さる事を願うばかりです。
    佐藤さんが取り組んでいらっしゃる有意義なお仕事も、やがて実を結んで行く事を心より祈念致します。

    1. 2012/06/13(水) 17:27:48 |
    2. URL |
    3. 具象彫刻家 #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/640-54d42143
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)