FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    フェイスブックについて。

    ブランコの雪 撮影 松田光司

    さて、使い方もよく分からないまま恐る恐る始めたフェイスブック。


    もう何だかんだで、利用し始めてから4か月近くが経った。

    今も詳しく理解している訳でもないのだが、とりあえず思う事は、・・・やっぱりやってみて良かったかな・・・という事か。

    今日は、フェイスブックを始めようかどうか迷っている人に向けて少し書いてみたい。
    (・・・と言ってもフェイスブックのやり方の説明をするつもりはない。)


    まったく興味がないという人は別だが、もし何となく迷っているという状態であるならば、まずやってみる事をお勧めする。

    とりあえずフェイスブックに登録してみて、合わないと思えばすぐ辞めればいいだけの事。

    何も難しく考える必要はなく、パソコンなどでネットを見たりメールをしたり写真や動画を扱ったりしている人ならば、何の違和感もなく入っていけるように思うのだ。

    実際、やってみて分かったのだが、本当にみんなそれぞれ勝手に独自の利用方法で自由にやっている感じなのだ。

    私の場合、正直最初は何だか仲良しグループが内々でやり取りしている感じに見えて、『うーん、この世界は合わないかも、・・・。』と思ったものだが、その感覚もすぐに消える。

    別にまわりに合わせる必要は一切なく、自分が出したい情報を出したいまま出す、・・・ただそれだけの事なのだ。

    ただし、実名なので、その責任はすべて自分に帰するという前提があるのは当然の事。

    まあ、私の場合、元々このブログでも実名でやっているので、その辺で戸惑う事は一切なかったのだが・・・。


    さて、このブログとフェイスブック、・・・一応、自分の中での使い分けがある(今のところだが)。


    このブログはある意味何でもありという事にしている。

    それに対し、フェイスブックは基本的に作品や展覧会の事に関してのみ。


    人によっても感覚が違うと思うのだが、私の場合、不特定多数の誰が見ているか分からないブログの方が、何だか気楽に文章が書けるのだ。

    それに比べ、フェイスブックで友達となった人はほとんど知っている人ばかりで、なおかつ8割以上がアーチストやアート関連の人達、・・・そんなこだわりの塊みたいな人達に向かって、持論を勝手気ままに述べる気になれるものではないのだ。


    まあ、こんな使い分けをしつつ、フェイスブックもまだまだ新たな活用方法を模索している最中といったところか。

    その内、フェイスブックについてあらたに思った事や発見した事があれば、また書いてみたいと思う。
    スポンサーサイト



    1. 2012/03/02(金) 23:52:45|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<「 石雛 」。 | ホーム | 雪の日。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/630-5c015c47
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)