FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    六本木画廊グループ展 <再生の「息吹」vol.2>

    奏静レリーフ(部分) 松田光司作「 奏静レリーフ 」 テラコッタ (部分)   六本木画廊グループ展 <再生の「息吹」vol.2>に出品予定。

    六本木画廊でのグループ展開催まで、あと2週間を切った。


    グループ展の詳しい情報はこちら「六本木画廊ホームページ」を見て頂きたいのだが、ここでも簡単に説明しておこうと思う。

    以下に青字で掲載するのは六本木画廊オーナー、滝本君の言葉。

    【サブタイトル】
    Heart to Heart /artには人の心を豊かにする力がある。
    【主旨】
    昨年3.11の未曾有の出来事。あれから私たち自身や社会は、どれくらい変われたでしょうか? 今一度、あの日の意味を問い直し、私たち自身を揺り動かすことで、artの力による「再生」への糸口を見つけたいと思います。
    【テーマ】
    大事な存在の再認識、相手を思いやる気持ち、優しさ、温もり。



    これを読むと、何だか一見重たそうな主旨にも思えるが、つくり手側にとってみれば、これが日常の世界。

    私も含め、それぞれの作家がそれぞれの解釈のもと、この主旨に沿った作品を出品する訳である。

    私は5点(立体2点、レリーフ3点)の作品を出品予定。

    会場に展示した時、果たしてどのように他の作家の作品と共鳴し合うのか私自身もとても楽しみである。

    再生の「息吹」vol.2

    ○場所
    六本木画廊(東京都港区六本木7-3-4栗山ビルB1)

    ○期間
    2012年3月6日(火)~25日(日)<月曜休廊>
     pm12:00~pm19:00<最終日はpm4:00まで>

    ○参加作家(12名)
    片村信 角田康介 神山明 後藤慶大 斎藤あきひこ 白神政史 富田啓之 西村理恵子
    長谷川清 牧芳彦 滝本徹 松田光司


    皆さん、お誘い合わせの上、ぜひお越し下さい!
    スポンサーサイト



    1. 2012/02/24(金) 00:00:12|
    2. 彫刻
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<彫刻家 内田和孝氏と画家 松原賢氏。 | ホーム | たまたまなのか、・・・。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/626-80e5bf24
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)