FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    個展終了。

    松田光司彫刻展(ギャラリー渓にて) 撮影 松田光司松田光司 彫刻展 (新宿・ギャラリー渓にて)

    昨日、無事、盛況のうちに個展が終了した。


    会期中、多くのお客さんが来て下さったのだが、昨日は祝日が最終日という事もあり、本当にたくさんの方々で会場が溢れかえり、全てのお客さんには対応しきれないほどであったのだ。

    皆さん、本当にお越し頂いてありがとうございます。

    またゆっくりとお話出来る機会があればと思っております。



    さて、今回の個展を振り返って思う事は色々とあるのだが、その内の一つについて書いてみたい。

    それは、このブログとフェイスブックについて・・・。

    まずブログだが、このブログを書き始めて2年弱、そしてフェイスブックの方は始めて約3カ月、・・・どちらもこの展覧会を通してやっと、やっていて良かったかなと思えたのだ。


    ブログも始めた理由はいくつかあったのだが、何だかんだ言って一番の理由は「彫刻家 松田光司」を宣伝する事。

    そしてフェイスブックもやはり宣伝の意味もあるし、また人脈を広げたいという思いがあった訳である。


    ・・・で、実際それぞれ始めてどうであったのかと言えば、・・・

    まずブログに関して、正直、最初は何かピンと来ない感じで、何を書いてものれんに腕押しといった印象があった訳である。

    特に反応がある訳でもなく、閲覧者数もそこそこしか増えず、『これやり続ける意味あるのかなぁ。』とも思ったりしたものだが、それでも自分自身の考えの整理にもなるし、また次から次へと書きたい事が出て来るのでそのまま続けた訳である。

    その内いつか『ブログを見て初めて個展に来ました。』という人が現れないかと期待していたのだが、そんな人も中々現れず、『まあそんなもんか。』と思っていたところに、・・・今回はそういった方々が何人も訪れて下さったのである。

    さらに、予想以上に多くの方々から、「実は松田さんのブログ、毎日見ていますよ。」という事を聞かされたのだ。

    まったくうれしい限りである。


    そしてフェイスブック、・・・これに関しては、ブログよりも色々な反応が速い事、またより明快に情報を共有出来るという事に驚いた。

    実際につながりも強い事もあるのだが、フェイスブックを通して、初めて個展に来て下さった方々がそれこそ大勢いたのである。

    まだ自分はそれほど活用出来ている訳でもないのに、たった3ヶ月で目に見えてその成果が出てきた事に驚くばかりである。


    まあ、今回は個展を通し、こういった事をあらためて確認する事が出来た訳であるが、結局のところ、おおもとを辿れば、私が彫刻を制作し続けるという大前提がなければすべてなかった事であるのだ。

    当たり前の話として、ブログやフェイスブックに、『さて、何を載せようか?』・・・ではなく、『自分が何をやっているのか?』・・・と言った事の方が重要であるのだ。


    ・・・さて、これからも日々、彫刻制作を続ける中、休憩時にブログやフェイスブックに手を付けるというペースでやっていくとしますか。


    みなさん、あらためて今回の個展にお越し頂きまして、本当にありがとうございました。

    これからもどうぞよろしくお願い致します。
    スポンサーサイト



    1. 2012/02/12(日) 16:52:06|
    2. 松田光司彫刻展
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<布に対する考え方。 | ホーム | 個展は明日(2月11日)まで。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/618-ff5168fb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)