FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    裸足。

    創(足部分) 松田光司作

    自分では何とも思っていないのだが、人からよく指摘されてしまう事について・・・。


    夏ならばほとんどの人が、家でも外でも靴下を履かないという事が多いであろう。

    私も当然みんなと同じく靴下を履かずに過ごすのだが、・・・私の場合、これが夏だけではないのだ。


    真冬も裸足で過ごすのである。


    家の中では板の間ならばさすがにスリッパくらいは履くが、それ以外は完全に裸足でいるのだ。

    ・・・で、外に出る時はどうなのかと言えば、やはり靴下を履きたくないので、基本が裸足にサンダル。

    上は普通に防寒着を着ているのに、下を見れば裸足にサンダル、・・・正直ヘンなおっさんである。

    しかし、ファッション性はともかく何故か靴下を履くのが嫌いなのである。

    ここで、『大地のエネルギーを直接素足で感じ取りたいため。』などと言えば芸術家っぽくてかっこいいのだろうが、残念ながら全くそんな事は考えていない。

    手袋などをはめた時に、手の指先の自由が奪われるのが嫌なのと同じように、足の指先の自由が奪われてしまう感じが何とも嫌だ・・・というだけの事なのである。

    足先が冷えてしまわないかと言われれば普通に冷えてしまうのだが、雪国ほどの厳しい冷え込みがある訳でもないので、暖房さえあればどうという事もないのだ。


    ちなみに私が靴下を履く場合というのは、仕事などで人と会う時。

    さすがに裸足にサンダルという訳にはいかないので、仕方なく靴下を履き普通の革靴で出かけるのだが、家に帰ってまずやる事は靴下を脱ぐ事なのである。


    まあこんな感じで、私は真冬に裸足という事に関して、全く気にせず平気でいるのだが、
    ・・・それを周りで見ている人達からは気になるようで「・・・何で裸足!?」とか、「見ているだけでこっちが寒くなるから靴下履いてよ。」とか、 ・・・まあ当然と言えば当然の反応か。
    スポンサーサイト



    1. 2012/01/11(水) 22:42:41|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<緊張。 | ホーム | 石膏25kg。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/600-b9b6e783
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)