FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    後回しにすると、・・・。

    精霊卵―美(部分) 松田光司作「 精霊卵―美 」 (テラコッタ・部分)

    普通にある事なのだが、『今すぐつくりたい』と思う作品を後回しにして、全然違う作品を先に制作する事があったりする。


    まあその時その時で、後回しにしてしまう理由は様々なのだが、当然、『ああ、あの作品を早くつくりたいなぁ。』という思いはどんどん募っていく訳である。


    さて、こんな状況の中、ようやくそのつくりたかった作品に取りかかる事が出来ると、 
    ・・・普段と何か違う事はあるのか?


    と聞かれれば、・・・実はあるのだ。


    何が違うのかと言えば、粘土を荒付けした時の速さなのである。

    ほとんどの作品の場合、自分の中にビジョンがあり、それを現実のものとして具体化させていく訳なのだが、思いの募った作品と言うのは、よりビジョンが強く明確になっており、ほとんど迷う事なく制作を進める事が出来るのである。

    具体的に何倍の速さという事は言えないが、明らかにいつもより速い事は確かなのだ。


    さてでは、完成に至る所まで速く終わってしまうのかと言えば、決してそのような事はなく、途中からいつもの作品をつくるペースに戻る訳である。

    ・・・というか、わざとゆっくりに戻すと言った方が合っているかもしれない。

    だいたい作品の制作中というのは、無茶苦茶熱くなった自分とものすごい冷静な自分とのせめぎ合いになるのだが、このパターンの制作の場合、その役割がよりハッキリとするという事なのかもしれない。


    実は最近、自分の中につくりたい作品が結構たまっていて、このパターンの制作になってしまう事が多いのだ。

    うーん、・・・物理的な時間がほしい。
    スポンサーサイト



    1. 2012/01/06(金) 21:27:15|
    2. 彫刻
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<タイトルも変わる? | ホーム | 指紋は変わらない?>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/595-18e882a3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)