FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    色々な状態の作品が、・・・。

    水たまり 撮影 松田光司

    さて、アトリエを見渡せば、いつもの事とはいえ、色々な状態の作品があちらこちらに・・・。


    まず普通に粘土制作途中のもの。

    芯棒が完成した状態のもの。

    石膏取り途中で外型だけが完成した状態のもの。

    石膏の直付け最中で仕上げ途中のもの。

    作品の彩色下準備をしている状態のもの。

    レリーフの額制作途中のもの。

    テラコッタ焼成のために作品を乾燥させている状態のもの。

    写真撮影を残すだけの完成された状態のもの。


    何だかこれがいつもの日常の光景になってしまっているので、何とも思っていなかったが、こうやって書き出すと結構色々な状態のものがあるものだとあらためて思う。

    これだけ色々な状態のものと日々格闘し、それぞれその次の状態へと進めていく訳である。


    そんな事を今のところ20数年続けているのだ。


    あと何十年これを続ける事が出来るのか全く分からないが、・・・結局、「今出来る事は、今やる。」

    ・・・ただそれだけの事なのだ  ・・・とも思う。
    スポンサーサイト



    1. 2011/12/06(火) 22:59:39|
    2. 彫刻
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<飲み会の席では、・・・。 | ホーム | たまにある質問。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/576-a7528cb3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)