FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    普通に地味に痛い。

    大きな五本の木 撮影 松田光司

    今日は彫刻とは一切全く関係のない話。
    ・・・実はつい先ほどまで、体のある場所の痛みに苦しんでいたのだ。



    別にどうでもいい話ではあるのだが、この痛みのせいで午後からの制作予定がすっかりくるってしまったほど。

    その痛みの原因とは、・・・一本歯を抜いたのである。


    昨日の夜の事だったのだが、歯のかぶせ物がポロっと外れてしまったのだ。

    もう記憶は定かではないが、間違いなく20年以上前に処置を施したものであったのだ。

    まあかぶせ物の寿命というか、 ・・・残念ながら歯の寿命だったのだ。


    とはいえ、歯医者に向かいつつ、『取れてしまったかぶせ物をつけ直すだけで治らないかなぁ。』・・・とかすかな期待は抱いていた訳である。

    ・・・ところが、

    「これはもう駄目ですね。時間が大丈夫なら今日抜きますが、どうします?」と、あっさり宣告。

    先延ばししても意味がないので、早速今日、抜歯してもらう事にしたのであった。


    歯を抜くというのは確か、やはり20年ほど前だったと思うのだが、親知らずを抜いて以来本当に久しぶりの事。

    正直、施術中は『麻酔効かせているのに、抜歯ってこんなに痛かったっけ?』と思うほど結構な痛さが伴うものであったのだ。

    先生が独り言のように「あーここは半分に切ってからだなぁ・・・。」という言葉に『いやいやいや、半分に切るって、どこをどうやって!?』などと心の中で突っ込みを入れつつ、当然何も抵抗出来る訳もなく・・・。

    キーンという機械音のあと、何か別な道具でガリガリと、・・・やがて「バキッ!」と嫌な音、・・・しかも普通に痛い。


    まあ無事、抜歯は終わったのだが、抜かれた歯を見て、『これだけしっかり埋まっていたものを抜く訳だから、・・・そりゃ痛いのも当然か。』などと妙に納得している自分がいるのであった。


    今日は彫刻家として云々という話ではなく、
    ・・・『歯を抜いたら普通に痛かった』という単なる46のおっさんのどうでもいい体験記でした。

    いやぁまいった。
    スポンサーサイト



    1. 2011/11/22(火) 21:37:47|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2
    <<時間配分。 | ホーム | 首像制作。>>

    コメント

    放置厳禁

    抜いたあと、予後が悪いと周りの歯が連鎖で抜けます(°□°;)。
    歯磨きは当たり前。すぐ隙間に人工歯を入れてもらいましょう!
    1. 2011/11/22(火) 21:58:03 |
    2. URL |
    3. こうだ #-
    4. [ 編集 ]

    Re: 放置厳禁

    ご心配ありがとうございます。
    しっかりその予定になっています。
    1. 2011/11/22(火) 22:58:27 |
    2. URL |
    3. 具象彫刻家 #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/563-264a877b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)