FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    再び、来年の干支「 龍昇卵 」の話。

    龍昇卵 石膏部分2011年11月17日
    「 龍昇卵 」 石膏原型 ・ 顔部分

    さて、この作品「龍昇卵」、以前にもこのブログで紹介しているが、何かが違うように見えないか?('11.10.18'11.11.28参照)


    石膏とブロンズの違い?・・・いや、それだけではない。


    ・・・実は大きさが全然違うのである。


    この作品は 高さが23cm、以前このブログで紹介したものは、高さ9.4cm・・・実に倍以上の大きさなのだ。


    順序としては、小さい作品を先に制作し、その後、この大きい方を制作したのであるが、その経緯は以下の通りである。

    このブログでもふれた通り、今年の夏ごろ来年の干支用にと、龍の彫刻を制作したのであるが、大きさを決める時には、去年つくった干支のウサギの大きさを参考にしたのである。

    結果、高さ9.4cmのものとなった訳だが、その完成品を画商さんに見せると、「これだったら、同じ形で大きくしたバージョンがあってもいいかもしれない。」という話になったのである。

    それで、予定にはなかった事だったのだが、急きょこの高さ23cmというバージョンも制作する事となった訳である。

    基本的な形はほぼ同じなのだが、やはり細部への作り込みは大きい方が幾分出来たという感じであろうか。


    さて、この大きい方と小さい方そろって展示する予定の場所は、・・・

    ・日本橋三越6階アートスクエア(グループ展・11月末~)
    ・宇都宮ギャラリーシエール(グループ展・12月16日~22日)

    以上の2か所、・・・違いを比べて、見てみるのも面白いかもしれませんね。

    また、渋谷東急本店8階美術ギャラリー新宿ギャラリー渓でも年末にかけて小さい方の「龍昇卵」を展示予定です。

    皆さん、ぜひ足を運んでみて下さい。



    大きさの違いはこんな感じです。左の大きい方が高さ23cm、右の小さい方が高さ9.4cmです。
    龍昇卵、大と小(石膏) 松田光司作
    これは二つとも石膏原型ですが、展示のときには両方ともブロンズになります。
    スポンサーサイト
    1. 2011/11/17(木) 15:05:35|
    2. 彫刻
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<本当に損をしているのは、・・・。 | ホーム | 情報に対して、・・・。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/558-1455694e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)