FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    情報に対して、・・・。

    11月の葉 撮影 松田光司

    前にも「情報」という事に対しては少し書いたが、今日もまたちょっと書いてみたい。(’10.11.10’10.12.14’11.3.4参照)


    まず結論から言ってしまうと、個人差は当然あるものの、全体として情報というものに対して感覚が鈍くなっているように思うのだ。


    こんなに多くの情報が流れ、それぞれが常にチェックしたりしている訳だから、敏感に反応しているのでは?・・・と思うかもしれないが、よく考えればそうではないのである。


    マメに情報をチェックしているつもりでも、実はこの世界に毎日毎時間あふれ出してくる多くの情報からしたら、ほんの少し、雀の涙ほどもない情報しか手に入れていないのである。

    当たり前の話だが、世界はおろか、日本国内、もしくは県内のことでさえ、1日に起こった情報を全てもらさず手に入れる事は容易ではないのだ。

    もしその情報を本気で全て知ろうとするならば、一体どれだけの時間がかかるのか想像すらつかない。

    しかし実際には、人は自分の気になったごく限られた情報だけを手に入れ、何だかすべてを知ったような錯覚に陥っている訳である。

    それを、情報に対して敏感であるとは決して言わないはずである。

    毎日、毎時間、無意識に膨大な量の情報を切り捨てている事に対して、ほとんどの人は無頓着であると思うのだ。


    ここで憂慮すべき点がある。それは、・・・

    これだけ多くの情報が溢れかえり過ぎると、どうでもいい情報とともに大事な情報までも知らずに切り捨ててしまっているという事。


    個人的に『あっ、しまった!』というレベルの話もあるが、人類として、世界として、地球として『あっ、しまった!』というレベルの重要な情報でさえ、見逃している可能性は充分にある訳である。

    目の前を流れ去る情報に一喜一憂するのも、それはそれでありだと思うのだが、実は情報に対し、鈍くなっているという見方もあるのだと認識すべきなのではないか、・・・と私は思っている。
    スポンサーサイト



    1. 2011/11/16(水) 13:03:56|
    2. 思想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<再び、来年の干支「 龍昇卵 」の話。 | ホーム | 3種類くらいのデッサンの中から、・・・。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/557-f7f134af
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)