FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    重なる時は、・・・。

    松田光司個展(ギャラリーシエール11) 撮影 松田光司今年1月に開催した「 松田光司彫刻展 」 ギャラリーシエールにて

    私の昔の手帳を整理している最中、懐かしかったので何となく中を覗いてみると、
    ・・・「結構疲れがたまっているので、何だか色々とあったここ数日間を振り返ってみた。」・・・
    という書き出しで始まる文章を見つけた。


    読んでみると、2003年1月の個展直前の状況である事が分かるのだが、私にしてはどうも忙しそうな感じ、・・・・せっかくなので、少し書いてみたい。

    ・1月9日
    朝から明星大学(青梅市)で学生の作品を採点。その後アトリエの整理。
    夕方、都内のレンタカー屋で個展搬入用ワンボックスカーを借りる。
    たまたま子供の誕生日だったので、作品積み込みは深夜になってしまい午前12時半ごろ終了。
    ・1月10日
    早朝5時半、宇都宮に向け出発。とりあえず午前中にギャラリーシエールに搬入だけ済ませる。
    午後すぐに東京に向かい、夕方4時からの野球殿堂入り記者発表に出席。受賞された方の顔写真を撮影する。
    その後、夜8時までにレンタカーを返すために都内を移動、そして自宅へ。
    深夜にかけ、4日後に提出するための作品パース図制作の下準備。  
    ・1月11日
    早朝からグラン・ルーヴル・オ・ジャポンの彫刻教室開催のため、都内へ。午前中いっぱい実技指導。
    午後はすぐに遠藤アートブロンズ(岩槻市)へ直行、ブロンズのチェックを行う。
    夕方6時ごろブロンズレリーフ3枚の色着けがようやく完成し、自宅へ持ち帰る。
    深夜にかけブロンズレリーフの額を1枚だけ完成、就寝する。
    ・1月12日
    朝から残り2枚のレリーフ額を制作。完成後、写真撮影。
    その後、ギャラリーに置いておくための資料や作品写真の整理を深夜まで行う。
    ・1月13日
    次の日提出するための作品パース図仕上げに1日費やす。
    ・1月14日
    午前中は宇都宮に行くための準備。
    午後、知り合い二人の個展を見るため新宿、銀座をまわる。
    夕方、招待されていた会津会新年会に出席。作品パース図の披露とともにスピーチを行う。
    深夜帰宅後、作品パース図を関係者に送るための手配。
    ・1月15日
    早朝5時半、宇都宮に向け出発。到着後すぐにギャラリーシエールに搬入しておいた作品の陳列を完成させる。
    午後、シエールの鈴木さんと二人であいさつ回り。
    ・1月16日
    早朝より、あいさつ回りの続き。
    ・1月17日
    個展初日を迎える。・・・以上。


    普段から忙しくしている職種の人ならば、「この程度のスケジュールどうって事ないけど?」・・・と言われてしまいそうだが、今こうしてあらためて見直してみても、私の場合このくらい混み入ったスケジュールの事はほぼないのだ。

    同じ忙しいのでも、依頼制作が重なった場合の忙しさは何度も経験済みで慣れているのだが、・・・上記のような感じの忙しさは、そうそう慣れるものでもない。


    さて、・・・来年2月、ギャラリー渓個展直前では、・・・まさかここまでの忙しさはないとは思うが、・・・多分。
    スポンサーサイト



    1. 2011/11/08(火) 23:19:33|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<やっと見つけた一枚の写真。 | ホーム | 日本野球発祥の地モニュメントの「 球 」。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/550-7a2fc3a5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)