FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    旗をかかげる。

    庭の木 撮影 松田光司

    何か事を成そうとする時、やはり重要な事は明快な旗をかかげ進む事。


    何をやっているのだか分からない人に対しては、まわりもどう対処して良いのやら分からない。
    逆に明快であればあるほどまわりも声を掛けやすいし、手助けもしやすい。

    「私はこんな事をやっているんだ!」というみんなに分かる旗を掲げる・・・それが重要なのだ。

    最初はその旗に気付く人も少数で不安になるかもしれない。
    で、なんとなく色々なタイプの人に振り向いてもらおうと違う旗も掲げたくなる事もあるであろう。

    しかしそこで必要な事は、一人では出来もしないいくつもの旗をかかげる事ではなく、
    より長い時間長い距離を進み、そしてより大きく旗を振る事。

    やがて、その旗のもとに集う人たちもいつの間にか増えていくであろう。
    スポンサーサイト



    1. 2010/05/21(金) 11:24:03|
    2. 思想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ゆとり教育の弊害って? | ホーム | 「物」の存在。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/52-6f719433
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)