FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    芸術の秋?

    まだ青いモミジ 撮影 松田光司

    芸術の秋、・・・という表現があるが、彫刻の制作の事で言えば「制作しやすい秋」という事であろうか。


    何だかんだいって、春夏秋冬、関係なく一年中制作をしているので、秋だから特別にどうこうという事もないのだが、実際、季節的に制作しやすい事だけは確かである。

    夏のようにクーラーや扇風機もつけなくていいし、冬のようにストーブなど暖房をつける必要もない。

    ちなみに春も季節としては良さそうなのだが、前にも書いた通り私は残念ながら花粉症、・・・決して制作に適した季節とは言えなくなってしまったのだ。

    という訳で、制作するという観点からすれば、確かに秋はいいのだ。

    かといって季節によって、作品の質までも変わるという事もないのだが、作品点数は多少、増えているかもしれない。

    今現在は6点同時進行で制作を進めているが、近々あと2点ほど新しく制作を始める予定である。

    ある意味、自分の頭の中ではすでに完成されているものなので、それがまだ形になっていない事にもどかしさを感じてしまったりもするが、実際この世に出て来るまでのその時間差が作品を良くしてくれるようにも思う。

    こうして秋の深まりとともに、作品も完成に向かっていくのである。


    ・・・なんて言っているとかっこよく聞こえるが、実際この時期、家族との会話では、・・・。

    「いよいよ涼しくなってきたし、芸術の秋だなぁ・・・。」などと私がつぶやこうものなら、すかさず家族から突っ込みが入る。

    「また、お父さんたら、ガラにもない事言っちゃって、・・・ん?・・・あっいいのか、そういえば彫刻家だもんね。」

    ・・・って、普段どんなイメージで私を見ているんだ?

    どうも私のこの風貌だと、「スポーツの秋」とか「食欲の秋」と言っていた方が、家族からはしっくりくるようである、・・・うーん、おかしいなぁ。
    スポンサーサイト



    1. 2011/10/01(土) 22:09:11|
    2. 芸術
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<略歴。 | ホーム | 深読みする?>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/517-db0789e8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)