FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    今、自分から出てくるものは・・・。

    小川 撮影 松田光司

    今、自分から出て来る発想や形、ビジョンといったものは、今、考え付いたように思えるかもしれないが、
    ・・・実は、そうではなかったりもする。


    例えば、何かを見たり聞いたりした時、ふと「あっ、こんなの作ろう。」と思ったとする。

    では何故それを作ろうと思ったのか考えていくと・・・。

    実は、それは自分の内側にかなり前から存在していたからこそ、そう思える事が出来た訳である。

    要するにそれは一つのきっかけを与えられただけに過ぎないのであって、元々自分の中にないものには反応すらしないのである。

    つまり自分の奥に眠る発想や形が、ある外的刺激によって目覚めさせられたという事であるのだ。


    人は実に様々な経験を積み成長していく訳だが、そういった体験というものは忘れようが忘れまいが自分の内側にどんどん堆積していく訳である。

    そういった蓄積されたものの中から、ふとしたきっかけで新しい息吹を伴い生まれてくるもの、・・・つくり手の場合、それを作品と呼ぶのであろう。

    こう考えた時、作品が生まれるという事は、それだけで過去と現在をつないでいるのだと言えなくもない。

    そしてさらに作品が存在し続ける事により、その作品は現在と未来をもつなぐ役割を担う訳である。


    「今、自分の中から出て来るもの」・・・それは偶然のようで決して偶然ではない産物であり、さらにそれは現在、過去、未来を結ぶもの・・・と、なりうるものだと私は考えている。
    スポンサーサイト



    1. 2011/09/18(日) 23:26:59|
    2. 思想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<台風直撃!・・・春日井市での特別授業と講座は? | ホーム | 「麗静」の次は・・・。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/507-3f639cff
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)