FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    彫刻個人レッスン。

    厳美の小路 撮影 松田光司

    個人レッスンという言葉を聞いて、普通思い浮かべるのは、ピアノやヴァイオリン、歌、舞踊などであろうか。


    しかし、それは彫刻の世界でもあるのだ。

    当然、彫刻講座やワークショップなど、集団に教える事の方が圧倒的に多いのだが、実は私はこの個人レッスンというのを過去に二度ほど経験している。


    一度目は高校受験を控えた中3の女の子。

    デッサンも教えたのであるが、主に彫刻を基礎から教えたのである。

    残念ながら、結局その子は美術の道には進まなかったが、半年弱は教えるために通ったのである。


    二度目は、女医さんとその友達。

    その女医さんの亡くなった父親が彫刻家だったため、彫刻には元々興味があったというのだ。

    医師として忙しく活動しながらであったので、中々時間を取るのも大変だったが、それでも2~3週間に一度くらいのペースで約一年ほど続けたのである。

    結局、最初に頼んでこられた女医さんの方は、病院から独立するとか何とかで忙しくなりやめる事になったのだが、その友達の方が彫刻にはまり、さらに一年近く続けたのであった。


    私としては、特に自分で積極的に彫刻教室を開こうというつもりもないのだが、かといって頼まれれば出来る範囲で応えようとは思っているのだ。

    実は今、またそういった話が持ち上がっており、久しぶりに大学以外で教える事になりそうなのである。

    ・・・ただ一つ心配な事が、・・・その方は何と(まだ日本語が話せない)フランス人女性。

    私は、当然フランス語は全く分からないし、英語も高校で習ったきり特にやっていない。

    しかし、紹介して下さったSさんいわく、「芸術は言葉などなくても通じ合えるでしょう!」・・・との事。


    確かにその通り、・・・言葉が通じない部分は熱量で補っていくとしますか!
    スポンサーサイト



    1. 2011/09/13(火) 22:33:03|
    2. 彫刻
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<暮した年数と・・・。 | ホーム | 掃除。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/502-4a03e821
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)