FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    掃除。

    松の葉 撮影 松田光司

    今日は一日掃除に費やしてしまった。


    特にひどく汚れていた訳でもないのだが、やはり作品を同時に数点制作していると、ただでさえ狭いアトリエが余計狭くなっていってしまうのだ。

    よくよくアトリエを見渡してみれば、制作途中の作品ばかりではなく、不必要な道具や材料を出しっぱなしであったり、石膏の破片や削りカスが微妙にあちこち飛んでいたりと、・・・何だか作品がつくりづらいなぁと思う時は、だいたいごちゃごちゃとし始めている時なのである。

    今日は、『朝から掃除だ!』・・・などとは全く思っていなかったのだが、ちょっと邪魔な材料や道具を移動していたら、いつの間にか本格的な掃除へと変わってしまったのだ。

    いったんやり出してしまうと、あそこもここもとなり、すぐには終わらない、・・・で、結局気付けば夕方。


    しかし、今こうしてアトリエを見渡せば、・・・・本当にすっきり気持ちいい。

    当たり前の話だが、これは「あーきれいになって良かった。」というだけの事ではなく、制作途中の彫刻にも大きく影響を与えるものなのである。

    制作に没頭している時というのは、どうしても作品の周りは汚れていくものなのだが、ともすると、それが当たり前になり、その状態に対し何とも思わなくなってしまうのである。

    しかし、実際には彫刻を展示、設置する時というのは、すっきりとした綺麗な場所に置く訳である。

    つまり、制作途中とはいえ、そういった状況に近い状況で作品を見てあげる必要があるのだ。

    これもある意味、作品の客観視であるとともに、その先のビジョンをより鮮明に描き出すための手段でもあるのだ。


    綺麗に片付いた部屋の中、制作途中の作品にスポットライトを浴びせると、・・・・あっ、やるべき個所が見えてきた!
    スポンサーサイト



    1. 2011/09/12(月) 19:19:50|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<彫刻個人レッスン。 | ホーム | 石彫の授業、・・・やはりノミ作りから?Part2>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/501-057211db
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)