FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    涼しかった昔?

    堤防の木 撮影 松田光司

    ここ2~3日、台風通過の影響で久しぶりに涼く、過ごしやすかった。


    家の中の温度計も昼間で25度前後、夜などは窓際に置いた温度計が20度を指していた。

    ここ最近の暑さでは、クーラーをつけていても、そこまで温度が下がる事は絶対にない。

    昼間、外に出ていた家族の話を聞くと、駅で表示している温度も、普段は35度前後なのが、なんと28度。

    28度という温度は、当然、外で活動していても、ものすごく涼しく感じる温度である。


    ふと思う、やはり私が小学生の頃の夏というのは、涼しかったのだ、・・・と。

    当時、7月に30度を超えるというのは、そうそうある事ではなく、親に「今日、30度超えたんだって!」と驚きとともに報告した事を、はっきりと覚えているのだ。

    今から35~40年ほど前になるのだが、当然クーラーなどなくとも平気で、扇風機でさえ、ずっと使っていた記憶はない。

    炎天下、帽子をかぶってよく外で遊んだものだが、木陰は涼しく、川に足をつけてもひんやり冷たかったと記憶している。


    今こうして、7月後半で、たまたま涼しくなった日の温度が「28度」だった訳だが、・・・30度を超えない温度というのは、これほどまでに過ごしやすかったのか!・・・と再認識。


    安易に地球温暖化という言葉も使いたくないが、昔より今の方が暑い事だけは確かなようである。

    またこれから暑い日々が続きそうだが、何とかのりきろう!
    スポンサーサイト



    1. 2011/07/23(土) 20:37:24|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<すでに見えていたもの。 | ホーム | うつわ。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/455-21201f80
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)