FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    大学を出てすぐの頃。

    道具の一部 撮影 松田光司

    多分、彫刻家と呼ばれる人は、ほとんど経験しているのではないかと思うのだが、・・・。


    大学を出てすぐの頃というのは、ホームセンターや建材屋、工具屋に通い詰めていたものである。


    学生時代に、それなりに彫刻に関する道具をそろえていたつもりだったのだが、・・・実は、意外と持っていなかった事にすぐ気づかされる事になる。

    いざ自分が、学生時代と同じ事を自分のアトリエでやろうとすると、・・・機械や道具がないため、全く出来ないか、もしくは時間がかかり過ぎてしまったりするという事実に愕然とさせられたのである。

    学生の頃は、特にありがたいとも思わず、それがあるのが当たり前、・・・といった感じで大学の工作機械や専門工具を使っていたのだが、・・・それは当たり前の事ではなかったのだ。

    ・・・という訳で、毎日とは言わないが、3~4日に一回くらいの割合で、工具や材料が買える店に通ったものであった。


    しかし、当時は今と違って、インターネットもなく、この材料はどこに売っているんだろうとか、この工具はどこで手に入るんだ?・・・といった事は、ほとんど先生や先輩、友達から情報を得て、何とか対処していたのだ。
    (今思い返してみると、工具や道具は随分と先生や先輩から頂いたりしていたのだ。・・・あらためて感謝です!)

    まあこんな感じで、大学を出て初めて、大学が恵まれた環境にあったと気づいたし、また随分と甘やかされていたのだと気づいた訳である。


    そんな状態から20年以上が経ち、さすがに今は、必要なものはほぼそろっているのだが、・・・いまだに、ホームセンターや建材工具屋などに行くと、ワクワクしてしまう自分がいる。

    買いもしない機械工具類を眺めては、『これ何か彫刻に使えるんじゃないかなぁ・・・。』などと
    一人、悦にいっていたりするのだ。
    スポンサーサイト



    1. 2011/07/13(水) 21:21:29|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2
    <<昼間から家にいる男。 | ホーム | 売れる作品と売れない作品。>>

    コメント

    ワクワク

    同じく、工具屋でワクワク組です(笑)。
    特に専門店では、帰りには必ず荷物が増えます(爆)。
    1. 2011/07/14(木) 07:34:11 |
    2. URL |
    3. こうだ #-
    4. [ 編集 ]

    Re: ワクワク

    家族でホームセンターに行くと、かなり待たせる事になって、
    ブーブー言われてしまうので、行く時はひとりに限りますね。
    1. 2011/07/14(木) 19:13:31 |
    2. URL |
    3. 具象彫刻家 #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/445-fdfcecdb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)