FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    趣味の工作。

    段ボール 撮影 松田光司

    数日前、久しぶりに趣味の工作をやって一日を過ごした。


    思いっきり熱中して、時が経つのも忘れて没頭していたのだが、・・・正直、特に何か完成品が出来た訳ではない。

    『あーでもない、こーでもない。』と、考えながら制作する過程をずっと楽しんでいたのだ。

    いずれは木で作ってみようと思うのだが、その日はとりあえず、段ボールや厚紙を使って色々と試作品を作ってみたのである。

    一つのイメージがあって、そのイメージを具現化しようと思っただけなのだが、次から次へとアイデアが浮かんできて、用意していた段ボールでは足りなくなるほどであったのだ。

    結局は、自分が作ろうと思ったものそのものは、まあそれなりの試作品、という感じで終わったのだが、その副産物にいくつか面白いものが出てきたのである。

    いつものごとく「・・・で、それは何なの?」と言われたとしても、「・・・んー、趣味の工作。」としか答えられないような代物であるのだが、・・・

    まあ強いて言うならば手で動かせるオブジェ、・・・とでも言おうか。

    自己満足と言ってしまえば、それまでのものなのだが、以前にもふれた通り、人に見せると「なるほどー。」とか「面白い。」とか言われる事が多い。
    (いつかどこかで、発表を、・・と思いつつ、とりあえずその予定はない。)


    子供たちに言わせると、「そんな面倒な事をやるのが息抜きになっているなんてあり得ないし、信じられない。」と言うのだが、・・・

    妻に言わせると、「おー、久しぶりに図画工作やっているんだ。あんまり最近やってなかったからちょっと心配してたんだ。・・・ウン、ひと安心。」・・・だそうである。


    「遊んでないで、仕事してよ!」・・・と言ってくるような妻でなくて本当に良かった。
    スポンサーサイト



    1. 2011/07/09(土) 22:39:38|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2
    <<同時進行で制作していると、・・・。 | ホーム | 石膏の割り出し。>>

    コメント

    やってみたい 描いてみたい

     松田さんがいつも没我の状態で集中して彫刻の作品を作っている。その心と体を休めるために、図画工作でリラックスしながらもまた何かを作っていることがすごくおもしろいなと思いました。図画工作の時はリラックスしていても、やっぱり没我なんでしょうね。夢中になってることがよく伝わってきます。売れる作品とか、芸術家は遊びだとか言われるがのような今までの松田さんのブログともつながって、とても新鮮な気持ちになりました。メールアドレスをみて松田さんは自分が誰かおわかりでしょうから、僕たちは子どもたちと遊んでいる時も仕事時間なんです。だからこそ、「仕事だから子どもたちを遊んでやっているんだ」なんていう感覚じゃだめです。遊ぶときも授業の時のように子どもたちと真剣に遊びたいな、と僕は思っています。子どもと一緒にゲラゲラ思いっきり笑っています。でも、これも真剣な遊びです。そんなこと考えていたら、遊びって何ですか?って、夢中になって真剣で時間忘れて・・・と考えたら授業とあまり変わりなくて、どちらももう真剣です。逆に言ったら僕にとってはどちらも遊びなのかもしれません。遊んで給料もらっちゃってるかもしれません。6年生の通知表に「総合学習」の活動の様子という欄があり、教務主任ですから、一人一人に書かれた文を確認しました。「松田光司氏のお話を聞いて自分の夢の実現のためにがんばる決意を新たにしました」というような所見が多く、松田さんのお話にインスパイアされた子どもたちが多いことがすごくよくわかりました。本当にやってよかったなと思っています。公開するに耐えない文章になってしまいました。適当にカットしていただくなりしてください。
    1. 2011/07/16(土) 20:21:23 |
    2. URL |
    3. 図画工作 #-
    4. [ 編集 ]

    Re: やってみたい 描いてみたい

    コメントありがとうございます。
    図画工作は、本当に楽しいですね。
    何だか忙しい日々が続いて、昔よりは出来なくなってしまったのですが、一度やりだすと本当に入り込んでしまいます。
    吉田さんが書かれているように、何事にも熱中出来るというのは、何だか得な気がしますね。
    同じ事をやっていても、そこに面白さを発見出来るのは、ある意味才能なんだと思っています。
    いい大人が、夢中にやっている姿を見れば、子供たちもきっと何かを感じてくれるのでしょうね。
    あと、小学校でお話しさせて頂いた事が、少しでも、子供たちの心に響いてくれたなら、これほどうれしい事はありません。
    また、皆さんと会える機会を楽しみにしております。

    1. 2011/07/18(月) 12:03:52 |
    2. URL |
    3. 具象彫刻家 #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/441-61f4de05
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)