FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    野球体育博物館。

    野球殿堂入りレリーフ 撮影 松田光司この写真に写っているレリーフはすべて、私(松田光司)が制作したもの。

    今日は完成した殿堂入り表彰者レリーフを納めに野球体育博物館に行ってきた。


    今日持って行った2枚を合わせると、全部で173枚ものレリーフが博物館に収蔵されている事になるのだ。

    ものすごい数である。

    ちなみに私がこのレリーフ制作を依頼されたのが、前にも書いたとおり、10年前からで、
    ・・・・現在、私が制作したレリーフは37枚。

    私が制作する以前に、すでに136枚のレリーフが飾ってあったという事になる。


    さて、ここで疑問が・・・。

    博物館の中に、殿堂ホールという広い部屋があるのだが、レリーフを飾っているのはその部屋のみ。

    毎年増える一方のレリーフ、・・・殿堂ホールもそのうちいっぱいになるのでは?


    この事に関して、流石に博物館の職員の方々は明快な答えを持っていた。

    ここに足を運んだ方ならば分かると思うのだが、壁にはレールのような溝が6本横に走っているのである。

    実はこの溝を利用し、レリーフの位置をずらしたりしているのだ。

    つまり、昔、レリーフがまだ少ないころは間隔を広くとって展示し、今は増えてきたので詰めて展示しているという事なのである。

    これは、毎年、移動している訳ではなく、数年に一回といったペースで配置換えをしているとの事。

    それにしても、やっぱりいっぱいになってしまうのでは?・・・と思うが、上下2段の展示を、上下3段にする事も考えているとの事、・・・なるほど確かに、それならまだ大丈夫。


    さて、みなさん、今日持って行った落合さんと皆川さんのレリーフも夏には展示されます。
    まだ野球体育博物館(東京ドーム21番ゲート右隣り)に行かれた事のない方は、ぜひ一度足を運んでみて下さい。
    スポンサーサイト



    1. 2011/06/28(火) 19:42:01|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<どの作品を持つ? | ホーム | 油断していると・・・。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/430-3c492d35
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)