FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    作品のインスピレーションが降りてくる時。

    リン 松田光司作「 リン 」(部分)

    私の場合、これは結構毎回似たような状況で起こる。



    それはとにかく作品制作などで無茶苦茶忙しい日々が続く中、突然訪れるのだ、・・・朝、コーヒーなどを飲み、ボーっとしている時に・・・。

    今日1日の事を思い、あれもこれもやらなきゃと考えつつ、ふと思考がとまってしまう瞬間、・・・次から次へと作品のインスピレーションが降りてくるのである。

    その内容と言うのはたいてい、今作っている作品とまったく関係のない新しいものだったりして、結構具体的な映像として頭の中に現れたりするのだ。極端な場合はその作品がどこかぴったりな空間に納まった状態の画像で現れる事もある。

    当然その時は忙しいので、その作品には取り掛かれない訳で、メモを取ったりラフスケッチをしたりしておくのである。

    あとは制作中であろうか。目の前にある作品を制作しながらも、心の中には次の作品がポッカリ浮かび上がっているなどという事もよくある事である。

    さらにあげるとすると、めったにない事ではあるが、それは夢の中。具体的な画像が浮かぶ場合もあれば、何だかアドバイスをされているような夢だったりする。

    いずれにせよこれは本当にありがたい事で、いつまでこれが続いてくれるか分からないが、私の体、私の意識を通して出てきてくれる作品群に心の底から感謝!である。
    スポンサーサイト



    1. 2010/05/10(月) 07:44:45|
    2. 芸術
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<明日は渋谷東急個展最終日。 | ホーム | 余分なエネルギー>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/41-5fde8bde
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)