FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    また近々、同じ事が繰り返されてしまうのか・・・。

    曇り空の庭にて 撮影 松田光司

    さて、あまりふれたくない話題だが、もういい加減うんざりといった話・・・。

    さかのぼってみれば、ちょうど一年くらい前に私がこのブログで書いた事('10.6.3参照)が、また近々繰り返される事に、ほぼ決定した訳であるが、・・・何しろ本当に頻繁すぎる。

    この一年の事を思うと、日本の中で内乱こそ起きていないが、外国との問題は新たに色々と起きてしまった。

    国内ではこのドタバタの交代劇を容認しても、やはり世界は、好機と見れば常に付け入ってくるものなんだとあらためて認識させられた。
    一年毎に国のトップが代わるような国では、他の国とも太いパイプが築けないのであろう。


    ほとんどの人が似たような思いだと思うのだが、「この人がトップじゃなぁ。」という思いと「今、政争をやっている場合じゃないだろ。」といった思い。

    とりあえず、前回のブログでもふれた通り、これだけトップがコロコロ代わっても、国のシステムが機能している事だけでもありがたい事だと思わなければいけないのかもしれないが、・・・なんなのだろうか、この『人物』と呼ばれる人がまったく出て来ない感じ。

    一昔前ならば、良くも悪くも、次のトップは、あの人かこの人かその人か、・・・みたいに思えるような人がいっぱいいたような気がするのだが、何故、今はいなくなってしまったのであろうか。

    平和ボケ、豊かすぎる社会、画一化した教育、無関心、拝金主義、気薄なコミュニケーション、批判のための批判の横行、事なかれ主義、・・・等々、色々と複合的な理由はあるのだろうが、本当の理由は分からない。

    ただ一つ感じるのは『国を良くしたい。』という一人一人の熱量が、圧倒的に足りないという事だけは言える気がする。

    選ぶ側の熱量が少なければ、当然選ばれる側の熱量も少なくなる、・・・といったところであろうか。

    結局、『人物』と言われるような人が出てこないというのは、政治家自身の責任ではなく、我々一人一人の責任なのであるという事を自覚すべきなのかもしれない。
    スポンサーサイト



    1. 2011/06/02(木) 18:04:33|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<何をやりとりしているのか? | ホーム | 縄跳び。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/408-de3c8784
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)