FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    出す気になれない。

    麗静胸像 松田光司作
    「 麗静胸像 」 2011年1月ギャラリーシエール 松田光司彫刻展より。

    このブログで私がよく言っている事として、『私の心と体を通し、順番待ちまでして出たがっている作品群を、堰き止める事なく、スムーズにこの世に出してあげたい。』・・・といったような事があるのだが、・・・。


    私の中から出したい作品は常にある・・・が、しかし私は彫刻製造マシーンではない。

    実際、今までも工場のように、常に一定のペースで作品を世に出し続けている訳ではない。

    確かに、今まさに私の中から出てこようとする作品は、今、出してあげなければ、・・・と思うのだが、どうしても出す気になれない事もあるのだ。

    正直、原因は分からない。

    強いて言うなら私の気まぐれとでも言おうか。

    過去を遡って考えてみると、依頼仕事のない時に4~5ヶ月にわたってまったく彫刻をつくらず、他ごとばかりしていた事もあるのだ。

    その時の事を思うと、決して自分の中身が空っぽになっていた訳でもなく、そんなに疲れていた訳でもない。

    当然、つくりたいと思っている作品は色々とあったのだ。


    これを自分の気持ちや精神面の事だけから考えてみても、何故つくる気になれなかったのか理由は分かるものではないが、大きな目で見れば、要するに 『 充電期間に入った 』 という事なのではないかと思うのだ。

    自分としては自分から出たがっている作品を、次々と出してあげようと思っているのだが、自分の意志とは関係ない部分で、制御する力が自然と働くのであろう。

    当然、この充電期間があるということは、その逆もあり、信じられないペースで作品がつくられ続けるという事もあるのだ。


    結局こういった事というのは、自分で制御できるものではないが、多分、その時々の気持ちに素直に従うのがベストな選択なのではないか、・・・と、今は思っている。
    スポンサーサイト



    1. 2011/05/22(日) 18:22:04|
    2. 芸術
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<あまり見かけない彫刻講座。 | ホーム | この暑さは、・・・。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/397-320901ca
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)