FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    いつの間にか疲れが、・・・。

    5月に 撮影 松田光司

    自分でも意識していない疲れが、たまってきているようである。


    震災の被害が直接はなかった自分でさえ、ふと気付くと何だか訳の分からない疲れがたまっているのである。

    ましてや本当に被災された方々の疲労の蓄積は想像を絶するものであろう。

    今日は宮城の義姉に必要なものを送るために少し買い物をしたのだが、・・・もうどこの店に行っても品物も豊富で何の緊迫感もない。

    個数制限こそあったものの電池も大量に棚にあり、懐中電灯も普通に売っている。

    震災直後、コンビニやスーパーの棚がガランとなってしまった事がウソのようであるが、あれからまだ2ヶ月も経っていないのだ。

    計画停電もとりあえずなくなり、なんだか関東の方は何事もなかったかのような日常が戻りつつある。

    しかし、被災地では、まだまだ不便な生活が続いているのである。

    義姉の話を聞いても、日常とはまったく程遠い生活であるのだ。

    今のところ、スローガンも「がんばろう日本」とか「ひとつになろう日本」などと言っているが、関東に日常が戻った瞬間に、他人事のように「がんばろう東北」となってしまわぬよう気を付けていきたいものである。
    スポンサーサイト



    1. 2011/05/01(日) 20:09:43|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<肩書きは、・・・。 | ホーム | 作品制作を支配するもの。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/376-70e570d5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)