FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    今、制作している作品は、・・・。

    春に咲く花 撮影 松田光司

    このブログでも何回かふれているが、私の創作のあり方について、・・・。


    基本的に、今、制作している作品は、今、つくろうと思った事は確かなのだが、今、思いついた訳ではない。

    自分の中で何年も前から潜在意識下に深く眠る『 意志を持つ形 』の内のひとつが、ようやく今、機が熟し、日の目を見る時がやってきて、・・・今、出てきたという感じなのだ。

    その『 意志を持つ形 』は私という身体を通し、出るべくして出てくるのである。


    私は次のように考えている。

    正確に数えた訳ではないが、今まで400点以上の作品が私の心と身体を通し、世に生まれ出てきている訳である。

    ・・・であるならば、今後、私が彫刻家として生きていく限り、明日いきなり、私の中から何も出てこなくなる、・・・などという事は考えづらい。

    つまり、私の中には、ある意味、数限りなく『 意志を持つ形 』が眠っているはずなのである。

    その作品群は、私の『経験、年齢、精神状態、技術、思想、考え、パワー、・・・等々』これら全ての事に呼応するように反応し、ある時、覚醒するのである。


    多分、私が今回経験した『大震災』・・・これは間違いなく、作品に影響を与えるであろうと考えられる。

    私の考えからすると、多分、すぐにでも、それなりに何らかの影響があった事を感じ取れるような作品が、私の中から出てくるのであろうと思われる。
    ・・・が、しかし、それはまだ大震災を経験してない状態の私の中で眠っていた作品の中から、最も今の私と波長が合った作品が出てくる、・・・という事になるのだ。

    本当の意味で影響が出るのは、だいぶ先の事になるであろう。

    どの作品も熟成されてはじめて出てくる訳だから、それが本当にはいつの事になるのか分からない。


    いずれにせよ、次々と私を通し、世に出たがっている作品群を、堰きとめ停滞させないためにも、今、出せる作品は、今、出す、・・・これが私の創作における基本理念であるのだ。
    スポンサーサイト



    1. 2011/04/19(火) 21:12:00|
    2. 芸術
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<「美味い、まずい」と「上手い、下手」。 | ホーム | 大津波から逃れた義姉の詳しい話。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/364-b0ff0a9e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)