FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    ちょっと先のビジョン。

    時の響き10レリーフ 松田光司作
    「 時の響き'10レリーフ 」 (テラコッタ)

    相変わらず大きな余震も頻発し、原発問題も収束せず、落ち着かない日々は続く。


    社会全体に対し、あまりに大きすぎる出来事であるが、のしかかる問題は、結局ひとりひとりに降りかかってくるのだ。

    はじめは大きなくくりでサポート出来たとしても、その後は個々にあったサポートが必要になる。

    しかしあまりにも多岐に渡り過ぎて、マニュアルなどある訳もなく、臨機応変に対応していくしかない。

    阪神大震災や新潟県中越地震での教訓がかなり生かされる部分もいっぱいあるが、その経験では何ともならない部分もいっぱいある。

    それぞれが精一杯知恵を絞り考えていくしかないのだ。

    多くの人が同じ問題を共有できている場合は協力しあう事も出来るが、共有できない問題を抱える人も大勢いる。

    どうしても大きく見える問題の方に目が行きがちだが、個々の視点に立ち返れば、その大変さは単純に比べられるものではない。


    それぞれが抱える個々の問題に対し、時間と労力とお金が必要なのは言うまでもないが、もっと必要なものはちょっと先の未来のビジョンであり、ちょっと先に希望の光を見い出せる事、・・・なのではないか。

    普段ほとんど意識する事はないが、我々が安心して生活していられるのは、ほんのちょっと先の未来をイメージする事が出来るからなのである。

    明日もこの家に住み、明日も家族がいて、そして明日も仕事があり、明日も誰かから必要とされる、・・・・そんな当たり前の事が、実は生きる希望や生きる糧につながっているのだ。


    ひとりひとりが未来に対するビジョンを考えていくも当然の事だが、本来その役割を果たすべきは、やはり政治家であるはずなのだ。

    普段、叩かれる事ばかりが多いが、こんな時こそ、何とか復興への道筋、希望を持てる目標を明快に示してほしい。
    スポンサーサイト



    1. 2011/04/12(火) 18:52:12|
    2. 思想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<風評被害。 | ホーム | 一ヶ月。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/357-e8344c8e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)