FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    それぞれの価値観

    東急個展会場 撮影 松田光司[ 東急個展会場 ]

    「あなたの前に立つ松田光司はあなたが考える松田光司である。」


    私という人間は私1人しかいない。1人しかいないのであるが、10人の人々がいれば10人とも違った松田光司という人間を思い浮かべるであろう。究極の話をすれば私も10人のうちの1人としてしか松田光司をとらえていないかもしれない。

    まあ言いたい事はそんなに難しい話ではないのだが、これを作品に置き換えた時、私の作品に対する思いというのは10人いれば10人とも違った思いで見ている訳である。

    ようするにその人がそう思うならそれはその人にとってその作品はそうなのである。私がその人に対し、どうこういう事ではない。

    とは言え、それぞれの人がどう感じようが、どう考えようが、私は私自身の信念に対し一切ゆらぐ事はなく、ただただ私の内側から出てくる思いのまま作品を作り続けていくのみなのである。
    スポンサーサイト



    1. 2010/05/04(火) 07:25:43|
    2. 思想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<個展前半終了。 | ホーム | 彫刻とはエネルギーの塊。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/35-15a5e3df
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)