FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    久しぶりに彫刻の話。

    妖精卵-昼(部分) 松田光司作「 妖精卵-昼 」 (部分)

    この震災後の約2週間、悩みながら自問自答しつつも彫刻の制作は着々と進めていた。今日は久しぶりに彫刻の話をしたい。


    いくつか同時進行で制作していたのだが、ある肖像彫刻レリーフの制作について・・・。

    これは依頼されての制作であったのだが、たまたま、ものすごく小さいサイズのものであった。

    野球殿堂入り表彰者レリーフを制作する時の顔の大きさ(頭のてっぴんからあごまで)は約22cmなのだが今回は何と顔の大きさ約5cm弱。

    5cm弱と言われてもピンと来ないかも知れないが、本当に小さい。(まだ納入前なので作品写真をアップ出来ないのが残念。)

    これが自由に好き勝手につくっていい作品ならば、過去にもっと小さい顔もいくつも制作しており、この大きさでも、どうという事はないのだが、この大きさで本人に似せるとなると中々そう簡単にすんなりいくものではない。

    いつものごとく、それはそれで楽しんでいるのだが、使える手段は何でも使っていこうという姿勢で制作に向かっている。

    鏡に映してみたり、写真に撮って拡大してみたり、・・・正直、時間のかかり方で言うと22cmの約4分の1の大きさだから4分の1の時間で済む、・・・などという事は絶対にないのだ。

    小さ過ぎるというのは、やはり逆に手間もかかってしまうものなのである。

    実際、最後の大詰めになってくると、ほとんど針のような道具でつつきながら仕上げていく感じになるのだ。
    いつかまた、展示出来る機会も出てくると思うので、それまでのお楽しみという事で、・・・。


    さて、そんな作品もつくりつつ、色々と自分に降りてきている作品もそろそろ形として世に出していこう、・・・

    と、今日一日の制作を終え、新たに気合を入れなおす私であった。
    スポンサーサイト



    1. 2011/03/27(日) 21:06:47|
    2. 彫刻
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<グループ展に参加。 | ホーム | 1万人。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/340-d092b934
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)