FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    大学は?

    ウサギⅠ (部分) 松田光司作「 ウサギ Ⅰ 」 (部分)

    とりあえず、大学の非常勤講師というのは授業だけやっていればいいのだが、・・・。


    どう考えても常勤の先生方は大変である。

    学生やその家族の方々の安否確認も膨大な数であるし、また授業が始まったとしても、電車のダイヤもまだ不安定だし、ガソリンの安定供給もまだである。(4月には大丈夫だといいのだが。)

    そして何より、今のところ計画停電が大学でも実施されているので、授業がまともに出来るのであろうか?という事もある。

    私は、昨年今年とたまたま後期の授業しか受け持っていないのだが、もし授業中に停電する事を考えると、・・・・やはり厳しいものがあるか?

    少し暗いだけならば、窓からの自然光のもと、制作する塑像もそれはそれで勉強になるのだが、夕方以降、真っ暗になってしまった場合、やはり塑像の授業を普通に行うのは無理がある。

    あともう一つ言うと、私の授業は電動工具など、電気関係の物はほぼ使わないのだが、実技の授業というのは電動の工具や器具を使う事が圧倒的に多いのだ。

    もし計画停電が普通に実施されれば、授業の課題内容も考え直す必要が出てくるかもしれない。


    こうして考え出すときりがないが、はっきり言ってしまうと被災された方々の悩みの事を思えば、贅沢な悩み。

    結局一人一人が、それぞれ目の前にある問題をそれぞれの方法で解決していくしかないのだ。


    ・・・とはいえ、常勤の先生方、大学職員の皆様、本当にお疲れ様です。
    スポンサーサイト



    1. 2011/03/21(月) 18:52:18|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<いろいろな人。 | ホーム | 日常という奇跡の時間。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/334-80ebf448
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)