FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    批判するのは簡単だが、・・・。

    雨上がり(小) 部分 松田光司作「 雨あがり (小) 」 (部分)

    地震から一週間が過ぎ、何となく予想通りの反応が出始めている。


    被災地ではまだ、何も落ち着いてなく、状況は悪くなっていく所もある中、そこから遠く離れた関係ない人たちによる批判の言葉や文章が、多く飛び交い始めたように感じるのだ。

    政府の対応がどうだとか、東電の対応がどうだとか、・・・批判するのは簡単である。

    簡単ではあるが、その意見が建設的なものであるかどうか、また不安をあおるだけのものではないか、言葉を発する前にもう一度よく考えるべきではないかと思う。

    何かにこの不安や不満をぶつけたり、何かのせいにしたいという心理が働くのはよく分かるが、おおもとを辿れば、これは自然災害なのである。
    しかも今現在生きている人たちが、ほぼ経験したことのないような広範囲で大規模なものなのである。

    とりあえず現場で動いていない人たちが、何か事が起きた後、後出しじゃんけんのように、『あーすれば良かったじゃないか、こーすれば良かったじゃないか、』・・・などというのは誰でも言える事なのだ。


    本当に大丈夫か?という思いも分かるが、今現在、最前線で実際に動いている人たちは、その道のプロなのである。

    そのプロである彼らが未だ体験した事のない非常事態にかかんに挑んでいるのである。


    批判するのは簡単だが、我々がすべきは批判ではない、・・・応援し、協力する事である。
    スポンサーサイト



    1. 2011/03/19(土) 20:57:15|
    2. 思想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2
    <<日常という奇跡の時間。 | ホーム | 我々のすべき事。>>

    コメント

    同感です

    ついついそのような意見に同調しがちですが
    よく考えれば全く解決につながらないものがほとんどのような気がします。

    批判・非難している余裕があるならば
    自分よりも困っている人たちに対して
    自分が今できることを精いっぱいやる。


    何も手助けができない人は
    皆の無事を祈るだけでも良いと思います。

    とても身近に起こった大災害を通じて
    人間のやさしさ
    他人の思いやる気持ちがこんなに尊いものだということに
    気付かされるきっかけとなりました。
    1. 2011/03/21(月) 03:38:37 |
    2. URL |
    3. 通行人 #eMkLRZRc
    4. [ 編集 ]

    Re: 同感です

    > コメントありがとうございます。
    >
    > ひとむかし前と違って、自分自身もこうしてブログを通し、公に声を出せる立場になると、
    > 何を書いて、何を書かないようにするのか、より考えるようになりました。
    >
    > 変な話、批判する人を批判してしまっては自分も同じか?・・・と思いつつ、文章力も大してない自分ですが、
    > なるべく建設的な意見になるよう、注意しながら書いてみました。
    >
    > あとは小さな事ですが、ここ数日、少しでも癒しになるよう、私の作品の中でもほのぼのとした雰囲気の作品の画像をアップするようにしています。
    >
    > とにかく自分の出来る中での小さな積み重ねを続けていきたいと思っています。
    >
    > 「通行人」さん、お互いがんばりましょう。
    1. 2011/03/22(火) 01:24:51 |
    2. URL |
    3. 具象彫刻家 #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/332-c53a7b64
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)