FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    上に!

    ろうそくの火 撮影 松田光司

    私は直接話していないが、昨日妻が宮城にいる姉と話をする事が出来た。


    義姉は地震の瞬間、仕事で海辺の町を車で走っていたというのだ。

    激しく揺れる車内に一瞬パンクかと思ったらしいのだが、すぐに地震と分かり、まず思った事は

    「 上に! 」

    という事であった。

    やはり海辺の町、「津波が来る」という事はすぐに当たり前に感じたというのだ。

    妻を経由しての話なので、津波がくるまでの時間は分からないが、とにかく高台の方に車を走らせたらしい。

    行けるところまで行き、とある駐車場に停めたその車はその後、プカリプカリと水に浮いていたというのだ。

    もしこの時、義姉の判断が少しでも遅れていれば、・・・と思うとゾッとする。

    その後、たまたま近くの避難所がいい所だったらしく、水や食料もあり、暖かく過ごす事が出来たらしい。

    ただ、それからが大変で、数十キロ離れた自宅方面に向かって瓦礫の山の中、道なき道を何名かで歩いて帰ったというのだ。


    ・・・義姉は妻に淡々と語ったというのだが、・・・壮絶である、・・・本当に生きていてよかった!

    連絡を取る手段は一切なかったという義姉、・・・連絡が取れずとも義姉のような方が一人でも多くいる事を心の底から望む。
    スポンサーサイト



    1. 2011/03/15(火) 17:02:39|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<それでも一日の時間は始まる。 | ホーム | 言葉もないが、・・・。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/328-09977f50
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)