FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    歯医者さんの道具?

    石膏直付けの道具 撮影 松田光司

    以前、「塑像の時によく使う道具('10.12.5)」と題し、塑像に関する道具について語ったが、今日は石膏の直付けの時に使う道具について少し話したいと思う。



    上の写真にあるものが全てではないのだが、明らかに塑像の時よりも道具は多く使う。

    しかし中でももっとも多く使うのはやはり、写真右手前に写っている「大理石用ヤスリ」であろうか。

    これは大、中、小とそれぞれ色々な形のものを使用している。

    塑像のようにメインの粘土ベラ一本あれば大体OKというような訳にはいかない。

    これ以外にも写真の左奥に見えている黄色い道具、やはりヤスリなのだが、本来は木を削る物らしい。
    たくさん石膏を削りたい時には欠かせない道具の内の一つである。

    削るというのはやはり、結構大変な作業になってくるので、場所と用途に合わせ道具も変えていかないと時間がかかりすぎてしまうのである。


    さて、写真の中央あたりで「大理石用ヤスリ」の左隣りにある道具、・・・見覚えのある人もいるのでは?


    実はこれ、歯医者さんの道具なのである。

    最初は文字通り、親しくしている歯医者さんから、「もしかして石膏の時に使えるんじゃない?」と言って一本プレゼントされたのである。

    ・・・で、いざ石膏の直付け制作の時に使ってみると、・・・『オーッ、これいい、使える!』・・・となった訳である。

    大体この道具を使う時は細かい最終仕上げの状態になっている事が多く、彫刻刀やヤスリではつくりづらい繊細で微妙な形をつくるのに適しているのである。

    要するに削れ過ぎないところがいいのである。

    実は今日も歯の治療で歯医者さんに行ってきたのだが、ついつい目がいくのは作業台の上に置かれた道具。

    色々な形の道具についつい見入ってしまう私であったのだ。

    昔と違って今ならこういった専門的な道具も東急ハンズなどで手に入れる事が出来るので、とても助かっている。


    結局こうして写真に撮って道具を並べてみると、

    「石膏直付け専用道具」・・・などというマニアックな道具などあるはずもなく、木材工具、石材工具、歯医者さん用工具など、・・・寄せ集めなんだ、とあらためて思った。

    しかし、いずれも石膏を仕上げていく上にはなくてはならない道具であり、最高の能力を発揮してくれる私にとっての精鋭部隊である事は間違いがないのだ。

    今日も私の手となってくれる道具達に感謝しつつ、制作を進めていこう。
    スポンサーサイト



    1. 2011/03/11(金) 14:20:49|
    2. 彫刻
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2
    <<これほどとは、・・・。 | ホーム | 何となく落ち着かない粘土状態。>>

    コメント

    呼びました?

    その名も、彫刻刀。レグロン刀っていいます。
    入れ歯や詰め物の細かい形を整えるのに重宝するようです。
    使える道具は何でも使うってのは、洋の東西を問わず同じでしょうね(笑)。
    1. 2011/03/13(日) 20:46:55 |
    2. URL |
    3. こうだ #WbutWAt.
    4. [ 編集 ]

    Re: 呼びました?

    いやー、名前までは知りませんでした。
    本当に、これは色々な形があって、使いやすいですね。
    また色々見つけたいと思っています。
    1. 2011/03/14(月) 21:45:27 |
    2. URL |
    3. 具象彫刻家 #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/325-6a083b97
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)