FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    気付けば、ブロンズ作家に。

    夢奏(大理石)  松田光司作「 夢奏 」 (大理石) 背面ななめ後ろより撮影。

    最近は石の作品を彫る事もほとんどないので、このブログでもあまり石の作品の事にふれていないが、私がここまでブロンズ作品に傾倒した作家になってしまうとは、正直、自分自身あまり想像していなかったのだ。


    私が学生の頃は、彫刻の中でも彫塑(素材:粘土)と石彫(素材:石)を授業で専攻していたのである。

    どちらかがメインと言うことでもなく、両方同じくらいの熱量を持って制作にあたっていた訳である。

    しかし、大学を卒業すると当然、石を彫れる場所もなくなる。

    そのため卒業前から、色々と探したのだが、中々条件が合う場所がない。

    何しろ石を彫るという行為は、ものすごい騒音と石の粉の粉塵、そして大量に出る石の破片処理、等々、・・・一筋縄ではいかない大変な要素がいっぱいある訳である。

    とても住宅街で出来るような制作ではないのだ。


    ・・・と言う訳で、石を彫るのをあきらめた?  ・・・訳でもない。


    私が大学を卒業した頃はバブルも崩壊していたのだが、それでもまだ、公共団体の仕事は色々とあった訳である。

    ・・・で、その仕事の内容が、石の作品の依頼ではなく、ブロンズ作品制作の依頼ばかりが舞い込んできてしまったのである。

    石彫作家になるのは断念してブロンズ作家になろう、・・・などとは一度も考えた事がないのだが、その後も依頼される制作はブロンズ作品ばかり・・・。

    何だかんだと必死に活動し、忙しくしている内に、いつの間にか時が経ち、


    ・・・ふと気付けば、ブロンズ作家と呼ばれる彫刻家になっていた。


    とはいえ、石の作品も全く彫っていないかと言うとそうでもなく、大学卒業後、小品は数点彫っているのだ。(上写真など。

    どこで石を彫る事が出来たのかと言えば、・・・結局は大学。

    非常勤講師として石彫の授業を担当する事が何回かあり、その時にようやく、石を彫る事が出来た訳である。

    まあこの時で石を彫る事に関して満足してしまったと言う訳でもないのだが、今は彫刻の素材に石を使いたいといった強い思いは無い。

    以前にもこのブログでふれた事だが、今現在の私が、もっともこだわっている部分は、「 形 」であって「 素材 」ではないのだ。

    ・・・と言う訳で、当然、ブロンズ作品だけにこだわっている訳でもないので、これからも形を追求していくその時々において、もっともその時の表現に合ったと思える素材を使っていこうと思っている。
    スポンサーサイト



    1. 2011/03/05(土) 09:59:42|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<石の作品を磨く。 | ホーム | 多すぎる情報は・・・。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/319-238f1810
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)